Marketing i's [マーケティングアイズ]

マーケティングはサイエンス(科学)に基づいたアート(芸術)である

顧客ブランド養成講座
収益を好転させるマーケティングとイノベーション

タグ「映画」が付けられているもの

ロストイントランスレーション テーマは多様性の中のコミュニケーション

年配のハリウッドスターと二十歳過ぎの女性。
アメリカ人と日本人。
ロサンゼルスと東京。

一瞬とか、その時は分かり合えても、
親密になればなるほど、
お互いの理解がずれる。

理想の展開になりそうでならないのはそのせいなのか。

スカーレット ヨハンソンの美しさと新鮮さが際立つ。

そしてもちろん、ソフィア コッポラの構成力とかも。

1つの小さな過ちが、大きな喪失を生んでしまうのも、Translation のLost なんだ。

そして、その積み重ねが人生なのか。

だとすると、哀しくも魅力的。

人生が2つあればいいのにと思わない理由なのだ。

キャッチコピーの、「ひと時の恋心、永遠の思い出」も秀逸。

とてもいい映画だった。

マーケティング コンサルタント 理央 周(りおう めぐる)

最新刊 「なぜ、お客様はそっちを買いたくなるのか?」   

*このブログの定期購読はこちらから → follow us in feedly *記事のブックマークはこちらから→ このエントリーをはてなブックマークに追加

新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:→マーケティング アイズ

売れる理由を学ぶメルマガ⇒ では、ヒット商品に共通する「仕掛け」はマーケティングにあり!という記事を毎週発刊していきます。詳細はこちらから:

まぐまぐ

関連記事はこちらです:↓

映画ファンのための映画の選び方を小林信彦氏から学ぶ

「映画が目にしみる」読了。


僕の大好きな、小林信彦氏の映画に関するエッセイ。この本なんかもすごい好きだけれども、この人の映画表は私見が多いというものの、逆にそこが面白い。

映画に対する描写も、映画がいい悪いという「単なる評論」ではなく、
小林信彦氏の「好み」が色濃く反映されているのが、
逆に、公平な目で、さらに映画好きな人の視点で見られているので、すっと読める。

第3者的視点であるため、ニュートラルに紹介されているから、
このように読みやすいのだと思う。
ともかくこの本を読むと、紹介されている映画が見たくなるのはこういった理由なんだろう。

たとえば、小林氏はニコール・キッドマンが好きなようで、
この本の中でもキッドマンの映画がかなり紹介されている。
ボクも観た「バースデーガール」などの紹介では、
「安っぽい感じの悪女」がぴったりと書いているが、まさにその通り、
ニコール・キッドマンの良さが「ファンの目から」の視点で描写されている。

小林氏は、映画はできる限り試写室ではなく、映画館で見るようにしている、とのこと。
この点も、映画好きならではの行動だ。

同じ目線から放たれる言葉は説得力があり、共感もする。

本や映画ファンから聞いてみたくなる映画は、自分から選ぶ映画とは違う。その意味で、今までとは違う面白い映画を発見できるはずなのだ。

少し前の本だが、映画好きがもっと映画を楽しむために、
「映画ファンの小林氏のおススメから探してみる」のに最適な必読の一冊である。

マーケティング コンサルタント  理央 周

* 売れる仕組みの記事は ⇒ こちら * ビジネスに使える本の紹介は ⇒ こちら 

*このブログの定期購読はこちらから → follow us in feedly *記事のブックマークはこちらから→ このエントリーをはてなブックマークに追加

最新刊 仕事の早い人が絶対やらない時間の使い方」時間術3部作です ↓

「企業間取引 B to Bのマーケティング "営業"のついての最新刊売ろうとするから売れない


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:→マーケティング アイズ

売れる理由を学ぶメルマガ⇒ 「なぜか売れる」の公式バックヤード」 では、ヒット商品に共通する「仕掛け」はマーケティングにあり!という記事を毎週発刊していきます。詳細はこちらから:

1200x628_01_02.jpg

関連記事はこちらです:↓

アリスのままで:生きることの美しさを教えてくれる傑作映画

すごく観たかったけれど、映画館でロードショーの時に見逃していた、
『アリスのままで』をDVDで鑑賞。

闘病の苦しさを描写する映画ではなく、
人を愛する、大事にするということはどういうことなのかを、
力強く描いた映画だった。

「私が私でなくなる最後の夏よ」
「私は苦しんでいません。戦っているのです」

徐々に薄れていく記憶の中で、
旦那さんや子供たち、そして思いでが消えていく。
それも少しずつ。
とても美しい画の中で、残酷な事実も進んでいく。

そして、映画のコピーは、
「愛した日々さえも失ってしまうのか?」
と問いかける。

若年性アルツハイマーを患うアリスの中で、記憶は薄れていく。
しかし、アリスが愛した夫と子供たちの中で、
アリスは美しく生き続けている。

真摯に生きる、ということがこれほどまでに重要なことで、
美しい、ということを教えてくれる映画だった。

ボクは、母をALSで、父をすい臓がんで相次いで失くした。
どちらも、現代の医学では何ともしようがなかった。
もっとできたことがあったのでは、
あれもできなかった、と悔やんだこともあったけれど、
今、残されたボクと妹、
そして両親の5人の孫たちが、元気でいることこそ、
親孝行なのだと、教えてくれた映画でもあった。

こちらが、ジュリアンムーアのコメント付きの予告編。

とても感動的で、美しく、気づき、学び、泣けた。
素晴らしい映画に出会えて、とても幸せだ。

マーケティング コンサルタント  理央 周

*このブログの定期購読はこちらから → follow us in feedly *記事のブックマークはこちらから→ このエントリーをはてなブックマークに追加

最新刊 仕事の早い人が絶対やらない時間の使い方」時間術3部作です ↓


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:→マーケティング アイズ

売れる理由を学ぶメルマガ⇒ 「なぜか売れる」の公式バックヤード」 では、ヒット商品に共通する「仕掛け」はマーケティングにあり!という記事を毎週発刊していきます。詳細はこちらから:

1200x628_01_02.jpg

関連記事はこちらです:↓

キングズマン:ユーモアあるコメディタッチのスパイアクション

キングズメンをDVDで鑑賞。イギリスが舞台のスパイもので、ユーモアのあるタッチが、まるで007のようで面白い。

それにしてもこの手のユーモアのあるスパイ物はイギリスの専売特許なのか?と思うくらい、イギリスが舞台のものが多く、シニカルな笑がとても面白い。その辺もイギリスの映画らしい、
というかこれはアメリカの映画だろうけども、こういうものはアメリカ人は好きなんだろうと思う。

副題にSecret Serviceとある通り、どの国の政府機関にも属さない独立系の諜報組織が舞台で、派手なアクションとユーモアのバランスもいい。アクションシーンの撮影も、ユニークな動きが逆にリアルなのも見応えがある。ちらっと、スターウォーズ シリーズのマークハミルが出てくるのも楽しい。

内容も充実でオススメ。

マーケティング コンサルタント  理央 周

*このブログの定期購読はこちらから → follow us in feedly

*記事のブックマークはこちらから→ このエントリーをはてなブックマークに追加

「企業間取引 B to Bのマーケティング "営業"のついての最新刊売ろうとするから売れない


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:→マーケティング アイズ

売れる理由を学ぶメルマガ⇒ 「なぜか売れる」の公式バックヤード」 では、ヒット商品に共通する「仕掛け」はマーケティングにあり!という記事を毎週発刊していきます。詳細はこちらから:

1200x628_01_02.jpg

関連記事はこちらです:↓

スター・ウォーズ学:フォースの覚醒公開のタイミングで読むべき本

スター・ウォーズ学 読了。

ちょうど、スター・ウォーズ第7作、「フォースの覚醒」が公開されたばかりということもあり、懐かしく思ったことも手伝ったのが読んでみたきっかけだった。

この本は、
スター・ウォーズの歴史
その熱狂的な人気が浸透した背景
ジョージ・ルーカスのこれまで歩んできた道
ハリウッドのこれまでの歴史とスター・ウォーズのこれから
といった構成になっている。

そもそも、ボクが初めて公開された「スター・ウォーズ第4作」を見たのは、高校の時。
映画マニアだったボクは毎月映画雑誌のロードショーを買っては、映画情報をチェックしていた。

1977年にアメリカで公開された時に、日本ではスター・ウォーズのの邦題が「惑星大戦争」とつけられていたことをよく覚えている。そのあと約1年後に日本で公開された時には、すでにアメリカで大ヒットしたあとだった。

以降、すべてのスター・ウォーズ作品を劇場で観ているくらい、ボクもスター・ウォーズマニアなのだ。ネット時代の今では、ツイッターやインスタグラムでも公式サイトのみならず、様々なファンたちのアカウントで、スター・ウォーズについていろんな情報を得ることができる。

この本の特徴は、学とあるだけあって、スター・ウォーズの生みの親であるジョージ・ルーカスの映画に対する姿勢がどうやって作られていったのかということが説明されている点。
メジャーに対する反抗心や、師であるコッポラとの関係がわかるので、より深くスター・ウォーズの世界観と劇中に出てくる各シーンに込められた意味がわかってくる。

また、5作目以降6、1、2、3まではルーカスの個人資産から造られているという点を初めて知った。文中にあるように「史上最高のインディペンデント映画」なのだ。
これも、ハリウッドメジャーの束縛をきらった、アーティストとしてのルーカスの姿なのだを思う。

こういうことを知るだけで、スター・ウォーズを倍以上に楽しむことができる。
さらに、一人の創造主、クリエイターとしてのルーカスを知ることは、
私たち起業家にとっても、大きな勇気とヒントになる。

その意味でも、お勧めの一冊なのだ。

 

マーケティング コンサルタント  理央 周

*このブログの定期購読はこちらから → follow us in feedly *記事のブックマークはこちらから→ このエントリーをはてなブックマークに追加

「企業間取引 B to Bのマーケティング "営業"のついての最新刊売ろうとするから売れない


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:→マーケティング アイズ

売れる理由を学ぶメルマガ⇒ 「なぜか売れる」の公式バックヤード」 では、ヒット商品に共通する「仕掛け」はマーケティングにあり!という記事を毎週発刊していきます。詳細はこちらから:

1200x628_01_02.jpg

関連記事はこちらです:↓

アベンジャーズ2~エイジ・オブ・ウルトロン

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン を観た。

アメリカ映画で、単純明快なビッグピクチャーが好きなボクにとっては、
やはりこの手の映画は、寸暇を惜しんでも映画館で観たくなる。

【全体を通して】

今回のアベンジャーズは、前作に続く第2弾。
2作目になると二番煎じになってしまい、メリハリもなくなり面白くなくなることも多い。
が、全員が戦うシーンから始まる今回のアベンジャーズは、文句なくスピード感があって楽しい。
約2時間がアッという間だった。

前作とはスケール感だけ見ると逆に縮小しているかもしれないが、
その分、人間ドラマの部分がわかりやすくなっている。
新キャラクターも登場するのだが、アメリカ映画らしく、
根本のストーリーが善と悪の2極を軸にしているせいか単純明快でわかりやすいのも特徴。

【オールスターキャスト】

アイアンマン、キャプテンアメリカ、ソー、ブラックウイドウ、ホークアイ、ハルクなどなど、
おなじみのメンバーが今回も勢ぞろいする中で、誰が好きか、ということになると、
ボク的にはやはりまず、アイアンマン。

今作はアイアンマン3からの続編的なストーリーになっていることもあり、
トニー・スタークがドラマの主人公的な要素もある。
しかしそれだけでなく、アイアンマンシリーズも前作もそうだったように、
世の中を斜に構えてみながら、大事なところで踏ん張ること、
そして、素直にそれを言えないところなんかもシンプルに好きな感じ。

*前作はシンプルで文句なく面白い

もう1人はやはり、ブラックウイドウ、というよりもスカーレット・ヨハンソン。
この役はスカヨハしかいない、というくらい今回もはまっている。
知的で強く、あまりにも美しい。
コミックスから生まれた映画の中でしたか存在できない、非日常的な美を完璧にこなしている。

【テーマは愛~少しネタバレ有り】

テーマが愛、ということでポスターのコピーも「愛を知る全人類に捧ぐ」とある。
ブラックウイドウとハルクのブルース・バナーのいい雰囲気があったし、
なにより、ホーク・アイの家族が描かれているところが新鮮だった。
ヒーローたちにプライベートはなさそうなので。

ボクの個人的な好みでいうと、この映画のカギを握るウルトロンの声は、
なんとあの、ジェイムス・スペイダーとのこと。
ハンサムで味のある、大好きな俳優がやっていることを、観終わってから知った。

*サントラもバラード調でいい感じなのだ。

【マーケ的には】

なんといっても、興業的には「老若男女誰にでも」楽しめる、
というターゲティングになっているはず。

ここまでビッグピクチャーだと、絞るなどという感覚は無いはず。

プロモーション的には、日本でやったこちらの「トニー・スタークの秘密基地、六本木に上陸」が面白い。

実際に、アイアンマンのディスプレイなどを所せましと並べて体感できる、
サンプリングと体験型マーケティングを合体させたプロモーション。

映画は、ある意味アートなのでこのようなワクワク感が、映画館に足を運ばせる要因になる。
エンタテイメントは特に選ばれるときには情緒的な価値で顧客は判断する。

理論ではないところが面白い。


総じて言っても、とても面白い映画だった。
友達同士や家族、案外倦怠期の夫婦なんかが刺激を求めに観に行ってもいいかもしれない、
おススメの映画だった。


マーケティング コンサルタント
理央 周

このブログの定期購読はこちらから ⇩

follow 

us in feedly


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこち ら:→マーケティング アイズ

売れる理由を学ぶメルマガ⇒ 「なぜか売れる」の公式バックヤー ド」 では、ヒット商品に共通する「仕掛け」はマーケティングにあり!という記 事を毎週発刊していきます。詳細はこちらから:

1200x628_01_02.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事はこちらです:↓

マイ・デンジャラス・ビューティ―~ニューヨークが舞台のドラマ:マーケティングの本質とそのジレンマ

マイ・デンジャラスビューティ―を観た。

ニューヨークが舞台のコメディ、というだけでDVDを借りてみたんだけど、
ジョニーデップと結婚した、アンバー・ハードがキャリア・ウーマンを演じる映画だった。

ストーリーや映画の質は、、、さておいて
「マーケティング」の是非を問う映画だったところが面白い。

「売る」ためにキャンペーンをはり、
売れれば高評価、売れなければ追放、という2極論。
映画なのでもちろん極端なのだが、
資本主義にいる以上、売り上げと利益を上げなければ企業は存続できない。
しかし、そのために人間性や人間関係を犠牲にしてもいいのか、
というある種、永遠のテーマを考えるストーリーだった。

マーケティングとは、顧客の期待を超えるプロダクトを開発し、
顧客に価値を提供することである。

この映画では、マーケティングはイメージを作ること、
広告キャンペーンを開発し、世に商品をだし売ることだ、ととらえている。
というか、そう考える人が多いと捉え、描いている。

だから、マーケティングの力で「シロップ水」を売ることもできる、
しかし、それだけではむなしい、という論調だ。

この映画の言っていることの半分は、その意味で正しい。
マーケティングは、たんなる調査でもなければ、広告キャンペーンでもない。
お客様や自社の社員、環境や社会のために何をすべきか、
を考えることなのだ。

しかし、利益だけを追求するとこの映画にあるように、何も残らない。
これは大企業に限らず言えることなのだ。

その意味でも考えるべき点が多い映画だった。



マーケティング コンサルタント
理央 周

このブログの定期購読はこちらから ⇩

follow us in feedly



新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:→マーケティング アイズ


売れる理由を学ぶメルマガ⇒ 「なぜか売れる」の公式バックヤード」 では、ヒット商品に共通する「仕掛け」はマーケティングにあり!という記事を毎週発刊していきます。詳細はこちらから:

1200x628_01_02.jpg


【顧客中心主義】~マーケティング白熱ライブ2015 マーケティングアイズ4周年記念イベント


businesslive2015_img.jpg




【送料無料】マイ・デンジャラス・ビューティー/アンバー・ハード[DVD]【返品種別A】

価格:3,888円
(2015/5/10 22:25時点)
感想(0件)

関連記事はこちらです:↓

イミテーション・ゲーム~エニグマと天才数学者の秘密:人は天才であるべきか?週末の映画鑑賞より

「イミテーション・ゲーム~エニグマと天才数学者の秘密」を、映画館で鑑賞。
2時間があっという間の、素晴らしい映画だった。もちろんだが、ベネディクト・カンバーバッチが素晴らしい。

そもそも、高1の娘が「観たい」と言って家族3人で観に行った。
うちとしては、プリキュア以来、久しぶりの家族での映画館での鑑賞。
映画好きのボクにとってみたら、不思議な感じだった。

エニグマ、は第2次世界大戦中に、ドイツが開発した当時最強と言われていた暗号。
天才数学者の主人公が、執念でその暗号を解こう(=Break)しようとする。
そこに、様々な国や立場の高い人たちの思惑が絡む。
でも、主人公のアランは細かいことは全く考えていない、少なくともボクにはそう見えた。

その理由は2つで、一つは同性愛者だったこと。この時代では有罪とみなされたようだ。
もう一つは、度を越した天才だったこと。

アランは、周りの人たちが「バカ」に見えるくらいの天才だったようだ。
なので、無礼(=Arrogant)で、周りの人たちは、当初受け入れることができない。
しかし、キーラ・ナイトレイ演じるジョーンのおかげで、周りにも認められる。

一緒に観に行った妻は「普通に生まれてよかった」と言っていた。
しかし、アランが友人であり男性として愛したクリストファーが言っていたように、
「常人に天才が言うことは理解できない。しかし、なにかを成し遂げるのは常軌を逸した人だ」
(正確に覚えていませんが、こういう意味のことを言っていた)
というひとことに、すべてが凝縮されている。

安易に、「人と違っていていいんだよ」というのは気が引けて、何か違和感を感じていた。
しかし、この映画を観ていて感じたことは「まんべんなく全部できなくてもいい。何か突出した得意技を持っていればいいのだ」という点。しかし「何かを持っていること」が大前提にはなるのだが。

その証拠に、アランはドイツ語を理解していなくても、ドイツの強力な暗号を解読できた。

観終わって、妻は感動し泣いていた。
ボクもとても感動し、得たものがあった。
それは、「自分を信じて進むべきである」ということ。
信念はなによりも強いのだ。

映画はいつも勇気をくれる。
本当に、観に行ってよかった映画だった。

    


マーケティング コンサルタント
理央 周



新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:→マーケティング アイズ

売れる理由を学ぶメルマガ⇒ 「なぜか売れる」の公式バックヤード」 では、ヒット商品に共通する「仕掛け」はマーケティングにあり!という記事を毎週発刊していきます。詳細はこちらから:

なぜか売れるの公式 バックヤード

【顧客中心主義】~マーケティング白熱ライブ2015 マーケティングアイズ4周年記念イベント





関連記事はこちらです:↓

インターステラー:2001年宇宙の旅と火の鳥の合体のようなSF映画

インターステラをDVDで鑑賞。

バッドマンビギンズやインセプションのクリストファー・ノーランが監督、ということで本格的なSF映画、しかも何か哲学的な雰囲気も、「観る前」から漂わせていた。

ストーリーは、冒頭からまったくSFらしくなく、アメリカの日常が描かれている。
しかし、その日常は今の時代から何十年もあとの、
食料や環境が今と激変している時代。

この辺が徐々に明かされていくのが面白い。

主人公が宇宙に出てからは、これまでのSF映画とは全く違う展開が待っている。
あえていうなら「2001年宇宙の旅」と手塚治虫の火の鳥を合体させたものというところか、
今までの映画とは違うプロットが面白い。


  

しかし、逆に言うと仏教的な生命の輪廻を扱っている手塚作品と、
アインシュタインの相対性理論に基づく、欧米的な考えの合体が興味深い。
その意味で、新結合なのかとも感じる。

実は隠れファンの、マシュー・マコノヒーが出ていることもあって期待して観た。
評決のときで有名になって以来、本格派とみられているかもしれないけど、
10日間で男を上手にフル方法とか、コメディに出ている時が実は好きな感じ。

この映画では、どちらかと言えば本格派の演技力が存分に出ていた。

見ごたえある、素晴らしい内意であるが、一方で時間が2時間40分くらいとかなり長い。
なので、ちょっと腰を据えてみるのに向いている、
本格的なSF映画。
おススメです。


マーケティング コンサルタント
理央 周


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:→マーケティング アイズ

売れる理由を学ぶメルマガ⇒ 「なぜか売れる」の公式バックヤード」 では、ヒット商品に共通する「仕掛け」はマーケティングにあり!という記事を毎週発刊していきます。詳細はこちらから:

なぜか売れるの公式 バックヤード

【顧客中心主義】~マーケティング白熱ライブ2015 マーケティングアイズ4周年記念イベント

4周年記念ビジネスライブ

businesslive2015_img.jpg





関連記事はこちらです:↓

子連れじゃダメかしら Blended:アダム・サンドラ―とドリュー・バリモアの久しぶりの競演

「子連れじゃダメかしら?」をDVDで観た。


アダム・サンドラ―とドリュー・バリモアの3たび目の競演。
アメリカンコメディー好きのボクには、このベタだけど、ストレートな恋愛ものはとても好感を持って観ることができる映画だった。

本当によくありそうな、バツイチのお母さんと、奥さんを亡くしたお父さん。
おもしろいのは、お母さんのところは男の子2人、お父さんの家には女の子3人の子供がいる点。
それぞれ、お母さんは男の子の気持ちは分からないし、逆もしかり。
でも、子供たちはそれぞれ、同性ゆえにお母さんとお父さんが欲しい。

そこを、温かくなるほど自然にほんわかと2人が演じているのがいい。

随所に、仲が良くなる、という意味でのBlendedというキーワードがちりばめられているのも、ストーリーに華を添えている。

もともと、アメリカに住んでいたころによく観ていた、サタデー・ナイト・ライブに、
当時アダム・サンドラ―はレギュラーで出ていた。
ユダヤ系のギャグが面白く、スピード感あふれるコントを観るのが毎週楽しみだった。

コメディーにしては2時間近いので、長いのだけど、
ちょっとお酒でも飲みながら、夫婦やカップルで観たりするのに最適な映画だと思う。


マーケティング コンサルタント
理央 周


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:→マーケティング アイズ

理央 周 最新刊 ⇩

売れる理由を学ぶメルマガ⇒ 「なぜか売れる」の公式バックヤード」 では、ヒット商品に共通する「仕掛け」はマーケティングにあり!という記事を毎週発刊していきます。詳細はこちらから:

メルマガ




子連れじゃダメかしら?【Blu-ray】 [ アダム・サンドラー ]

価格:3,069円
(2015/4/8 00:23時点)
感想(0件)

関連記事はこちらです:↓

誰よりも狙われた男:フィリップ・シーモアの傑作サスペンス

「誰よりも狙われた男」を観た。


けっこう好きな俳優、昨年亡くなったフィリップ・シーモアが出ている、ということもあり興味深く観た。


ストーリーはこんな感じ:

ドイツの港湾都市ハンブルク。同国の諜報機関でテロ対策チームを率いるベテラン捜査官ギュンター・バッハマンは、一人の青年が密入国したという情報を手に入れる。青年の名はイッサ・カルポフ。イスラム過激派組織の一員として国際指名手配されている人物だった。

政治亡命を訴えるイッサは、人権団体の若手弁護士アナベル・リヒターと知り合い、彼女を介して銀行家であるトミー・ブルーとの接触を図っていた。その後の調べで、イッサの目的はトミーの銀行にある秘密口座であると知ったドイツの諜報機関は、CIAの介入を得ることに成功し、いよいよイッサの逮捕に乗り出す。しかし、ギュンターはイッサをあえて泳がせて、更なる大物の逮捕を狙っていた。
*Wikipediaより

ボクは元来、007のようなスパイものやCIA、KGBなどが出てくるアクションものに目が無い。
なので、スピード感があり、敵地に潜入して捕虜を救い出すというような展開を期待していたが、
全編、淡々と物語は進んでいく。

ところどころでの、各国を代表するスパイたちの細かな表情の変化が、最後のどんでん返しの「伏線にならない」ところが面白い。

右手で握手をしながら左手で殴り合う、「外交」のさらに裏側で暗躍する人びとは、

きっとこういう風に物事を進め、自国の有利な展開に最終的に持っていくのだろうと思う。


(ここから、ややネタバレですが)
しかし、「なんのためにそれをするのか?」と聞かれたシーモアが、
「世界の平和のため」と答えるところ、
それが最後には、どんでん返しを食うのだが、
裏切った各国のスパイたちの基準の中ではそれが「平和」であるところが、
なんとも言えず物悲しい。

宗教やイデオロギー、歴史が複雑に絡み合うストーリーを観ていて、
日本にいるボク達には、頭では分かっても、到底心底から理解することが難しいこの物語の背景。
とても興味深く観ることができた。

キャストもなかなかよく、フィリップ・シーモアは、いつもながら安定していながら、ピッタリの役柄。それにしてもボクよりも年下とは、、、

ウィレム・デフォーも相変わらず、カッコいい。あえて言うなら、弁護士を熱演している「ミッドナイトインパリ」などのレイチェル・マクアダムスが、綺麗すぎて少し現実味がなかったかも、、、まあでも、ファンとしては出ているだけでいい、という見方もある。

マーケティング コンサルタント
理央 周

新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:→マーケティング アイズ

理央 周 最新刊 ⇩

あなたは大丈夫ですか?

知識はコモディティ化します」メルマガ⇒ 「なぜか売れる」の公式バックヤード」 で知識を知恵に変換し、

売れる人・企業」になってください。詳細はこちらから:

メルマガ







[Blu-ray] 誰よりも狙われた男 Blu-ray

価格:3,858円
(2015/4/5 22:58時点)
感想(0件)

関連記事はこちらです:↓

One Directionワンディレクションの映画「THIS IS US」:DVDで観る時

TSUTAYAにDVDを借りに行ったらワンディー One Directionの映画「THIS IS US」があったので、高1の娘がファンということもあり借りてみた。

娘と観たのだけれど、ワンディーの2014年のワールドツアーのドキュメンタリー。
生のワン・ディレクションの姿が見られて、スピード感もあるし興味深い。
なんでも、ビートルズなど、若くして世界的な大スターになったアーティストたちと比べても、
世界で人気がマックスになるまでのスピードが速いとのこと。

もちろん、ITの進化やSNSの普及などもあるけど、
やはり彼ら一人一人のナチュラルさ、それに何より歌のうまさが素晴らしい1Dの独自性。
なので、こうやってシンプルにドキュメンタリーにするだけで、映画になってしまう。

率直に言って「撮っただけで画になる」のだ。
そのスター性があってこそ、世界で人気が出る。
ボクが観ても好きになる彼らは、売り込み方やマーケティングも素晴らしいけれど、
地の良さが、彼らの出発点なのだ。

面白く見られる映画でした。

マーケティング コンサルタント
理央 周

新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:→マーケティング アイズ

理央 周 最新刊 ⇩

あなたは大丈夫ですか?

知識はコモディティ化します」メルマガ⇒ 「なぜか売れる」の公式バックヤード」 で知識を知恵に変換し、

売れる人・企業」になってください。詳細はこちらから:

メルマガ




ワン・ダイレクション THIS IS US <劇場公開バージョン>【DVD・洋楽ミュージック/ドキュメンタリー】

価格:1,533円
(2015/4/5 20:25時点)
感想(1件)

関連記事はこちらです:↓

イコライザー:デンゼルワシントンJrのサスペンス・アクション映画のDVD

デンゼルワシントンの映画「イコライザー」を観た。
20年位前の「フィラデルフィア」くらいからの大ファンで、
精悍な顔つきと、素早いアクションが好き。

今回は、元CIAエージェントで今は引退、
でもロシアン・マフィアから少女を救いたいというキャラを演じている。

相変わらずカッコいい。

しかし、もし1点いうとしたら完全無欠すぎるというのがどうかなと思う。
ボクはデンゼルが好きだからいいけど、敵に対して強くやりっぱなしなのが心地いいんだけど、
ちょっとはやられて、ピンチに陥るほうがスリリングなんだろうな、と感じる。

それを抜きにしても十分面白いのでおススメ。
お酒を飲みながら、楽しくのんびり見るのに見ている1本でした。

マーケティング コンサルタント
理央 周

新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:→マーケティング アイズ

理央 周 最新刊 ⇩

あなたは大丈夫ですか?

知識はコモディティ化します」メルマガ⇒ 「なぜか売れる」の公式バックヤード」 で知識を知恵に変換し、

売れる人・企業」になってください。詳細はこちらから:

メルマガ







イコライザー(アンレイテッド・バージョン)/デンゼル・ワシントン【後払いOK】【1000円以上送料無料】

価格:4,104円
(2015/4/5 20:14時点)
感想(0件)

関連記事はこちらです:↓

はじまりのうた:キーラ・ナイトレイの美しさとマーク・ラファロの粋、アダムの歌のうまさは最高

名古屋伏見ミリオン座で「はじまりのうた」を観てきた。

大好きなニューヨークが舞台、
キーラ・ナイトレイ(パイレーツオブカリビアン。美しい!)、
アダム・レヴィーン(マルコム5)、
マーク・ラファロ(アベンジャーズのハルク!)
が出ているとあっては、観ずにはいられない。
でも、上映日は明日まで、とのことで今日妻と観に行った。

予告編もカッコいい:


まず、しょっぱなからのナイトレイが歌うシーンがいい。
ラファロとなぜそのライブハウスで出会うことになったのか、も紡ぐような流れで一本になっていく。

なにより、NYの街中を使ってアルバムの全曲を録っていく、というシチュエーションがたまらない。
NY好きのボクには、街の様子、ストリートにある店、そして歩いている人たちの一つ一つが、大好きなNYを切り取っている。

ボク的には、マーク・ラファロの、一度落ちぶれたプロデューサーが、再び才能を発揮する過程がカッコいい。

街の様子やニューヨーカーたちの栄枯盛衰が如実に現れるのも、ニューヨークらしさ。

こんな街は世の中にNYしかない。

ラストも感動するし、久しぶりにすごく楽しい気分になった。

ボクにとってニューヨーク、そして映画は「芸の肥やし」なのだ。


マーケティング コンサルタント
理央 周


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:
マーケティング アイズ

理央 周 最新刊 ⇩

3月から開始のメルマガ⇒ 「なぜか売れる」の公式バックヤード」 では、ヒット商品に共通する「仕掛け」はマーケティングにあり!という記事を毎週発刊していきます。

なぜか売れるの公式バックヤード

*マルーン5の「V」

関連記事はこちらです:↓

ニューヨークのファッションと街の映画:ビル・カニンガム&ニューヨーク

ビル・カニンガムのドキュメンタリー「ビル・カミンガム&ニューヨーク」を見てみた。

ニューヨーク夜景.JPG
あまりこの手のDVDや映画は見ないのだが、なによりニューヨーク好きなので、タイトルにニューヨークと書いてあるだけで見てしまう。

冒頭に出てくる言葉が、
「ファッションはストリートにある」
ここからしてカッコいい。

さらにこの言葉、
「ストリートが語りかけてくれるまで待つんだ」
ここには、植草甚一(JJ)に通じるカッコよさと粋がある。

「金をもらわなければ口を出されない」
という言葉には、プロとしての生き方がある。

3つの大事なことは、
「偏るな」
「自腹ファッションを撮る」
「パーティーに出る」

セレブリティに興味がなく、「ファッション」そのものに興味があるのだ。

また、ボクが最も感動したのは最後の方のビルの誕生日のシーン。
「好きなことだけ」やって一流になり、有名にもなったのにこれだけみんなから愛されている。映画中によく「ボクはおかしいかも」という言葉が出てくる。それだけいい意味でユニークなことをしてきたのだろう。著名雑誌編集長が「ショーを観たビルの視点は、私たちの誰とも違う」と言っていたことこそが、ビル・カニンガムの独自性。そしてそれは真摯な好奇心から出ている。

今観ておくべき映画、という言葉がぴったりのこの映画、このタイミングで観られてとてもよかった。


       

■最新刊!■




マーケティング コンサルタント
理央 周


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:
マーケティング アイズ
 

ビル・カニンガム&ニューヨーク [ ビル・カニンガム ]

価格:4,568円
(2015/2/5 21:06時点)
感想(0件)

関連記事はこちらです ⇩