Marketing i's [マーケティングアイズ]

マーケティングはサイエンス(科学)に基づいたアート(芸術)である

企業広報の対象者:Corporate Communicationにおける社内と社外の観客 多国籍企業の事例

企業広報=Corporate Communications では、
自社の評判(英語でいうとReputationになるがぴったりする日本語訳がないので評判と訳します)を向上させ、ブランド価値をあげていくために、様々な活動をする。

その際に重要なことは「観客=Audienceは誰か?」ということになる。

企業広報における2種類の対象者=Audience              

企業の広報活動の対象者は大きく分けると、「社内と社外」の2種類になる。
社外=Externalのほうは、顧客、投資家、コミュニティ、NGO、政府などなど様々で、
社内=Internalのほうは、経営陣も対象になるがおもに従業員ということになる。

企業が社外に向けて、新規事業や自社の環境への取り組み、
M&Aや新製品の発表を発表することがCorporate Comminicationだと思われがちだが、
社内、特に従業員が心理的に一つの明確な目標を持ち、
それぞれの仕事にかかわり使命を遂行することが、企業全体の成長につながる。

その意味でも、社内コミュニケーションは重要になる。

特に、企業規模が大きい場合、従業員の数・展開している国の数など はなおさらである。


多国籍企業の事例                                

私が教鞭をとっている関西学院大学 専門職大学院 経営戦略研究科の国際経営コースでの、
Corporate Communicationの講義ではこの社内コミュニケーションについて、
先日事例を中心にケーススタディーを行った。


Corporate Communication 世界各国でデータや分析ツールを提供しているグローバルな情報サービス企業 エクスペリアンの日本法人、エクスペリアンジャパン株式会社様に情報をご提供いただき、エクスペリアンジャパンさんが社内で活用されている動画を実際に講義で使わせていただいた。

世界39か国、16000人の従業員が働くエクスペリアングループ(http://www.experian.co.uk/about-us/ より)において、従業員が「一つの方向」を向いて仕事をすることの重要性は高い。

各国でのオペレーションにおいても、実際に働いているのは各国ローカルの人材になる。
米国では米国人が、中国では中国人、そして日本では日本人が、
UKで生まれた多国籍企業の文化のもとで働いているため、DNAを浸透させていくことは一筋縄ではいかない。

見せていただいた「Heart of Experian」とタイトルがついた動画においては、
エクスペリアン全体の説明に始まり、自社サービスの説明、
そして理念について各国の従業員の方々が自分の言葉で語っている。

この動画を見ることにより、従業員は「エクスペリアンの一員として」誇りを持って働くことができる
これこそが企業がとるべき「社内向けの企業広報」である。

企業の規模にかかわらず、従業員こそが企業を動かしていると言っても過言ではない。
その意味で、理念を浸透させるには、エクスペリアンのように動画を作成し、
繰り返し従業員に見せていくことは有効な手法であると言える。


マーケティング コンサルタント
理央 周


□ 新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:
マーケティング アイズ
 

□ 「売れる仕組み研究所 電子版~ ポジショニング戦略  

電子マガジン ポジショニング

In corporate communications = Corporate Communications,
Reputation of the company (become Reputation to say in English, but will translate reputation and because there is no Japanese translation to be perfect) in order to improve, we will increase the brand value, to various activities.

The important thing will be "audience = Audience it? Someone" and in doing so.

If you divide a large subject of public relations of the company, resulting in two types of "internal and external".
More external = External is varied customers, investors, community, NGO, and government and,
Management team also be the subject, but more in-house = Internal is, it comes to employees mainly.

Towards the outside, corporate commitment to the environment and their new business,
Although it is often thought to announce the release of new products and M & A's is Corporate Comminication,
Company, employees have a clear goal of one psychologically in particular,
To carry out the mission involved in the work of each will lead to the growth of the entire enterprise.

In this sense, internal communication becomes important.

In particular, it is especially if company size is large.

In international management course of Kwansei Gakuin University Graduate School of Business Professional Studies strategy that I have taught,
This internal communication in the lecture of Corporate Communication,
I did case studies around the other day case.

We offer information Japanese subsidiary, to Experian Japan Co., Ltd. of information services company Experian global, which provides analysis tools and data in all the countries of the world, actually this video Experian Japan's has been used in-house I had let me use in lecture.

In (from http://www.experian.co.uk/about-us/), to work employees face the "one direction" Experian Group employees country, 16,000 people work around the world 39 importance of high.

Also in operation in each country, are working actually I would human resources of local countries.
Japanese people in Japan, Americans, and Chinese, in China in the United States,
Because you are working under the culture of multinational companies was born in UK,
It will infiltrate the DNA is never easy.

In the video title with I had to show the "Heart of Experian" is
Beginning with a description of the entire Experian, description of their services,
And people of employees in each country have said in your own words about the philosophy.

By watching this video, employees can "as a member of Experian" to work with pride.
This is what is "in-house corporate communications for" company should take.

It is no exaggeration to say that regardless of the size of the company, what employees and are running the company.
In that sense, to infiltrate the idea, to create a video as Experian,
It can be said that it will show the repeating employees to be an effective method.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...