Marketing i's [マーケティングアイズ]

マーケティングはサイエンス(科学)に基づいたアート(芸術)である

マーケティング コンサルタントとの契約:経営コンサルティングの種類と内容

マーケティングコンサルタントとの契約はどういうものなのですか? というご質問を多くいただきます。


コンサルティング マーケティングアイズ弊社の場合は、クライアントさんにご提供できるサービスが以下の通り2種類あります。

− プロジェクト型
− 顧問契約型


プロジェクト型                    

読んで字のごとく、6ヶ月を一つの期間とし,クライアントさんの課題を解決するコトを目的とした、弊社としては短期でのコンサルティングになります。

たとえば、
「自社の製パンの生産ラインを活かして"ラスク"を生産したい。
ひいてはパッケージ、価格設定、プロモーション、広告・販売促進、営業計画まで、
一気通貫で戦略と行動計画を立ててほしい」

といったプロジェクトになります。
年商でいえば5−30億円の中堅企業様からのご依頼が多く、自社の課題が明確な場合に選んでいただけることが多いと言えます。


顧問契約型                       

顧問契約型はプロジェクト型と異なり、単一のプロジェクトの目標達成よりも、
「企業としての新規事業立ち上げ」
「市場への新製品の導入」
「企業としてのターゲット設定」
などによる「会社としての収益の好転」を目指す企業さん向けのコンサルティングになります。

例えば新製品を開発し、広告キャンペーンを実施したとしてもその後に継続的にブランドとして成長しなければ意味がありません。顧問契約型のコンサルティングでは、プロジェクトが終了したとしても毎月の定期訪問によって企業全体の経営計画の課題、マーケティングに限らず資金調達や社員教育など、を解決し従業員の方々に動いてもらうことを提供します。

顧問としてコンサルティング契約をいただき、毎月定期的にクライアントさんを訪問しますので、企業側から見ると、

非常勤のマーケティング マネージャーを雇用する」ことだと考えていただくとわかりやすいと思います。

年商でいえば1億円から10億円、マーケティングは重要だと気づいているけれど、マーケティングマネージャーを雇用する余裕がない企業様向けのサービスといえます。

企業にとって人の雇用は最も慎重になるべきです。
コンサルティングと顧問契約することで、自社の従業員の教育にもあるため、
顧問契約料金を投資としてとらえ、正規雇用をする場合と比較されて契約される企業様が増えています。



新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:
マーケティング アイズ コンサルティング内容
 


マーケティング コンサルタント
理央 周

Contract with a marketing consultant do you thing mean?
You received a lot of questions that.

In the case of our company, there are two types as the following services that can be offered to the client's.

- Project-based
- Advisory contract

It will be consulting in the short term as the name suggests, the purpose of things that a period of one to six months, to solve the problems of the client's, as our company.

For example,
You want to produce the "Rusk" taking advantage of the production line of the bread of the "house.
Package, pricing, promotion, advertising and sales promotion, our sales plan and thus,
I want you to make a plan of action and strategy in a gulp communication transmural "

It becomes such project.
Requests for from medium-sized companies like 5-30 billion yen many speaking in annual sales, it can be said that customers can choose if their challenges are clear there are many.

Advisory contract type unlike project-based, than the goals of a single project,
"New business start-up as a company"
"The introduction of new products to market."
"Targeting as a company"
It will be the consulting company's who aim to "upturn in revenue as a company" due.

For example, it does not make sense to have to grow as a brand on an ongoing basis to then develop new products, as well as was carried out an advertising campaign.

In consulting the advisory contract, providing that you get moving in the people of the employees to solve the problem of the management plan of the entire enterprise by regular visits monthly.

Received a consulting contract as an advisor, it will visit the client's on a regular basis each month, it will be synonymous to "hire a part-time marketing manager," and that when viewed from the corporate side.

You are aware of 100 million yen to 1 billion yen, marketing as important in terms of the annual sales, but I can say the services of companies like for can not afford to hire a marketing manager.

Employment of a person should be careful for most companies.
By the advisory agreement consulting because it is also the training of their employees,
We consider as an investment advisory contract fee, companies like to be contract it is compared with the case of a regular employment has been increasing.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...