Marketing i's [マーケティングアイズ]

マーケティングはサイエンス(科学)に基づいたアート(芸術)である

リピーターを増やすには:引越会社のニュースレターに学ぶCRM

安定した売り上げと収益を目指すには、お客様からのリピート購入が必要になる。

2種類の顧客へのアプローチ             

新規の顧客獲得は、自社の名前、特徴、顧客価値などなど、すべてを一から伝えて理解してもらわなければならない。
一方で、一度でも自社のプロダクト(=製品、商品やサービス)を購入してくれたことがあるお客様は、すでに自社の良さを理解している。したがって既存顧客にリピート購入をしてもらうことが重要になる。

とはいうものの、一度買ったものをすぐにリピートしない業界もある。
たとえば、個人住宅の建築でいえば「今日建てたから来週も」というリピートはないので、
いちがいにすべてリピート重視、というわけではない。

引越会社も同じでやはり「今日引越したから明日も」ということはほとんどないが、
「いい引越し」をされたお客様は、やはり「いい引越し」をするお客様を紹介してくださる可能性は高い。

「今度引っ越そうと思ってるけど、あなたこの前引っ越したよね」
と友人から聞かれたときに、お客様が、
「うん、うちは引越一番にお願いしたけどよかったよ」
と言ってもらえるのが、間接的なリピートであり紹介になる。


2種類の認知:純粋想起率を上げる           

いちどサービスを提供したお客様に認知しておいてもらうことになるのだが、
この「認知」には2種類ある。
知っているというRecognitionと思いだしてもらうRecall、認識と想起ということになり、
認識は「理央さんって知ってますか?」「はい知ってます」がこれにあたる。
想起は「名古屋で一番のマーケティングコンサルタントは?」「理央さんですよね」になる。
このようにもちろん想起されたいのだが、そのためには認識をまずはしてもらうことになる。
そして繰り返しコミュニケーションをとることで、想起につなげるのだ。

ひとつのツールとしては、顧客名簿にニュースレターを送ることで想起を促すことができる。

CRM 引越会社のニュースレターこのニュースレターは、引越会社が顧客に送付している。*ホームページはこちら⇒ 株式会社 引越一番
これが届くことによって顧客は「いつか大事な時に」思い出してくれればそれでいいのだ。

CRM=Customer Relationship Managementは、顧客関係性をマネジメントしていくこと。
重要顧客にはいつまでも忘れられないようにしたいものである。



マーケティング コンサルタント
理央 周


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:
マーケティング アイズ ホームページ
 



To aim and revenue stable sales, repeat purchases from customers is required.
The name of the company, features, etc. customer value, customer acquisition of new, I must get to understand and convey from one all.

Customers that may on the other hand, even once told me to buy (= products, goods and services) the product of our own is to understand the goodness of their own already. Therefore, it ask them to repeat the purchase to existing customers is important.

Nevertheless, there is also the industry that do not immediately repeat what I bought once.
For example, "even next week because I built today" and repeat it is not in terms of the construction of private houses,
It does not mean repeat emphasis, all unconditionally.

"Even tomorrow because I moved today" and that it is not most moving companies still be the same,
Customers who are the "good move", the possibility of us to introduce our customers to a "good move" still high.

"We're going to Hikkoso now, but I'm moved this before you."
When it was heard from a friend, and customers,
"Yeah, of which we asked the most moving but it was good"
Is the get to say, it is to introduce is a repeat indirect.

Although I will be to get sure that you recognize the customers who provide the service once,
There are two types of this "cognitive".
Recall that to get out and I think it Recognition that know,
It means that recall and recognition,
Recognition corresponds to this "Do you know me Rio's?" It is "you know yes".
"Marketing consultant of the most Nagoya?" Becomes "I'm Rio's" Recalling.
I want to be recalled in this way of course, but it would then get to the first recognition for that.
Then, by taking the repeated communication, it's lead to recall.

The one tool, it is possible to encourage recall by sending a newsletter mailing lists.
This newsletter, moving companies have been sent to the customer.
"When important someday" I felt that if customers remember So I say by this is reach.

CRM = Customer Relationship Management is, that you go to management and customer relationship.
It is what you want to be unforgettable forever to key customers.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...