Marketing i's [マーケティングアイズ]

マーケティングはサイエンス(科学)に基づいたアート(芸術)である

マイ・デンジャラス・ビューティ―~ニューヨークが舞台のドラマ:マーケティングの本質とそのジレンマ

マイ・デンジャラスビューティ―を観た。

ニューヨークが舞台のコメディ、というだけでDVDを借りてみたんだけど、
ジョニーデップと結婚した、アンバー・ハードがキャリア・ウーマンを演じる映画だった。

ストーリーや映画の質は、、、さておいて
「マーケティング」の是非を問う映画だったところが面白い。

「売る」ためにキャンペーンをはり、
売れれば高評価、売れなければ追放、という2極論。
映画なのでもちろん極端なのだが、
資本主義にいる以上、売り上げと利益を上げなければ企業は存続できない。
しかし、そのために人間性や人間関係を犠牲にしてもいいのか、
というある種、永遠のテーマを考えるストーリーだった。

マーケティングとは、顧客の期待を超えるプロダクトを開発し、
顧客に価値を提供することである。

この映画では、マーケティングはイメージを作ること、
広告キャンペーンを開発し、世に商品をだし売ることだ、ととらえている。
というか、そう考える人が多いと捉え、描いている。

だから、マーケティングの力で「シロップ水」を売ることもできる、
しかし、それだけではむなしい、という論調だ。

この映画の言っていることの半分は、その意味で正しい。
マーケティングは、たんなる調査でもなければ、広告キャンペーンでもない。
お客様や自社の社員、環境や社会のために何をすべきか、
を考えることなのだ。

しかし、利益だけを追求するとこの映画にあるように、何も残らない。
これは大企業に限らず言えることなのだ。

その意味でも考えるべき点が多い映画だった。



マーケティング コンサルタント
理央 周

このブログの定期購読はこちらから ⇩

follow us in feedly



新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:→マーケティング アイズ


売れる理由を学ぶメルマガ⇒ 「なぜか売れる」の公式バックヤード」 では、ヒット商品に共通する「仕掛け」はマーケティングにあり!という記事を毎週発刊していきます。詳細はこちらから:

1200x628_01_02.jpg


【顧客中心主義】~マーケティング白熱ライブ2015 マーケティングアイズ4周年記念イベント


businesslive2015_img.jpg




【送料無料】マイ・デンジャラス・ビューティー/アンバー・ハード[DVD]【返品種別A】

価格:3,888円
(2015/5/10 22:25時点)
感想(0件)

関連記事はこちらです:↓

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...