Marketing i's [マーケティングアイズ]

マーケティングはサイエンス(科学)に基づいたアート(芸術)である

ベニハナ アメリカの典型的な日本食レストランとは B級グルメの王様でセグメンテーションを気づく

今回のロサンゼルスへのビジネス・トリップ(研修旅行)で、一番参考になったのがなんと紅花 BENIHANAを観察しに行ったこと。


私としてはもう「オワコン=終わったコンテンツ」だと思い込んでいた。

今回の出張の目的は、日本の飲食店をアメリカに持って行くことの下見。
いわゆるリサーチなのだ。
コンテンツとしては、親しみやすい味。

アメリカに限らないのだが、やはり、郷に入れば郷に従え。
アメリカナイズさせなければ売れない。

今回はそのためにリサーチをするのだが、
量的な調査ではなく、質的な「観察」に行った。

月曜日だというのに、一杯で予約は取れず、
行ってみたらかなり広い店内は満席。

来ているお客様は、皆かなり美味しそうに、楽しみながら食べている。
この日の顧客層に、日本人らしき人たちは見当たらず、
大半が、ヒスパニック系またはアフリカ系のアメリカ人と見受けられる。
家族構成は「ファミリー層」で、3世代の方々もいる。

隣の席では、一家で来ていて3歳くらいのお子さんの誕生祝をやっていた。

アメリカ人にとってみたら、紅花は、べにはな、や、ベニハナ、ではなく、
BENIHANA。
典型的な日本食レストランなのだ。

寿司屋やラーメンなどではなく、やはり肉やエビなどを、
パフォーマンス豊かに見せてくれる、楽しさ。

忘れかけていたことを思いおこさせてくれた。

この日の教訓は、「顧客に聞け」。
日本にいての、机上の計算や調査、ネットではわからない、
ホンモノのアメリカがここにはあった。

その意味でも、いい勉強になった。

マーケティング コンサルタント  理央 周


* マーケティングアイズでは、中小企業の「米国」を中心とした海外進出をサポートしております。

  • 試食・テスト販売をやってみたい
  • 飲食店の第1号店を出したい
  • でも、いくらかかるのか、誰に頼めばいいのかが分からない

というご相談をいただきます。弊社では「ロサンゼルス在住」のビジネスパートナーとのネットワークを活かした、安心の進出サポート体制を敷いています。無料で相談に乗らせていただきますので、お気軽にお問合せください:

お問い合わせはこちらから⇒ マーケティングアイズ お問い合わせフォーム

*このブログの定期購読はこちらから → follow us in feedly *記事のブックマークはこちらから→ このエントリーをはてなブックマークに追

加

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...