Marketing i's [マーケティングアイズ]

マーケティングはサイエンス(科学)に基づいたアート(芸術)である

顧客ブランド養成講座
収益を好転させるマーケティングとイノベーション

カテゴリ:「ビジネスモデル」の記事

前の5件 1  2  3

Index Rights 株式会社インデックスライツのビジネスモデルとイノベーションが日本の製造業に指針を示す

Index Rights: Global Manufacturing Magazine」をいただいた。


インデックスライツ創刊号Index Rightsとは                 

すべて英語で書かれているこのマガジンは、
「自社製品の価値を高めるために、独自の加工技術や優れたパーツを供給してくれる優良なサプライヤーを常に探している世界の経営者たち」
に届けられるとのこと。

読んでみると、日本の製造業の技術がかなり詳細にわたって取材され説明されている。
日本が誇る最先端で最高レベルの製造業の技術が、こと細かにそして自社独自の技術で顧客に何を提供できるかが描かれているのである。

Index Rightsがなぜ雑誌なのか?         

記事の構成や内容、そして写真までがまるで一流ファッション雑誌のようなクオリティーであることがこの雑誌の特長でもある。


Index Rights 第2号そもそもこの雑誌を作成している株式会社インデックスライツは、製造業数社が集まり組織された企業。モノづくり大国の日本を支える経営者たちの集団なのだ。 拠点を名古屋、福井、フランクフルト、シリコンバレー、シンガポールにおき、この雑誌を媒体として自社を含めた日本の製造業を世界に向けて発信していくと のこと。

もちろんこの株式会社インデックスライツさんはWebサイトも運用しているが、このように「雑誌」という紙の媒体を創られている 点が素晴らしい発想だと言える。雑誌という媒体は、「電波、電源、機械」画なくても読むことができるし、さらにこのような質の高い情報を正確にじっくりと 伝えるのに最適な媒体である。

媒体には特徴があり組み合わせて相乗効果を出すことが必須になる。
その意味でもこの雑誌とWebの組み合わせは素晴らしい。

製造業  B to B のマーケティングとビジネスモデルの創り方       

この雑誌は世界の企業に配布され、「うちの会社に応用できるな」と感じた企業はIndex Rightsまたは掲載企業にコンタクトをしてビジネスが始まるという流れになる。このような一連の流れを持つ仕組み=ビジネスモデルは非常にユニークで効果的である。


インデックスライツ第2号表紙部品メーカーなどの製造業においては、自社の技術を活かしてもらうために詳細まで理解してもらう必要がある。したがって、動画や雑誌広告を一目見たからと いってすぐにレスポンスが来るとは限らない。このIndexRIghtsには、掲載企業の特質や製品の内容画事細かに掲載されているため、自社の製品の生 産技術に関して応用できそうであればコンタクトをしたくなる。さらには、サンプルまで入手できる仕組みにもなっている。

日本が誇る製造業は何年も前から過渡期に来ていると言われている。
私も多くの相談を受ける中で、もちろん私見ではあるが、自社のビジネスを狭く定義しすぎている企業が多い。

拙 著「ひつまぶしとスマホは、同じ原理でできている」でも書いたように、既存の価値観や固定観念に固執すると新しく画期的な発想が出てこない。たとえば、 「うちの会社は車の部品を作ってきたんだから、航空機産業になんか進出できない」という発想になってしまう。これではひろがりができないのである。

口で言うほど他業界への営業展開が容易ではないとは思うが、少なくとも心理的には柔軟であるべきである。その点もこの雑誌の発想は新進気鋭の心意気が読み取れる。

日本を指させる製造業の一つの在り方を指し示す、素晴らしい媒体であり、かつビジネスモデルだと言える。*インデックスライツのサイトは⇒ こちら



マーケティング コンサルタント
理央 周


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:
マーケティング アイズ
 

I got the: "Global Manufacturing Magazine Index Rights".

This magazine is written entirely in English,
"Managers around the world are always looking for a good supplier in order to enhance the value of their products, willing to supply parts and excellent processing technology of its own"
Things and be delivered to.

When I read, and are described technology of manufacturing industry in Japan is interviewed in a fair amount of detail.
For he has drawn what technology of manufacturing the highest level, or can be provided to customers in the technology of its own and to be fine at the cutting edge Japan boasts.

Thing to photos and content, and structure of the article is a quality such as the top fashion magazines like is also a feature of this magazine.

Originally Rights Index Corporation has created this magazine, companies organized several companies manufacturing industry gather. It's a group of managers who support Japan's manufacturing powerhouse.
It was placed Nagoya, Fukui, Frankfurt, Silicon Valley and Singapore offices, and with the will to disseminate to the world in the manufacturing industry of Japan, including its own as a medium of this magazine.

This Index Corporation's Rights is also hosting a Web site, but of course, it can be said to be a point where the idea is made the medium of paper called "magazine" in this way is great. It is possible to read even without "radio waves, power, mechanical" picture, and the medium of magazines, is the best medium to convey carefully exactly high-quality information such as this further.

Putting out a synergistic effect features in combination have become essential for the media.
The combination of the Web and this magazine is also great in that sense.

Companies that this magazine is distributed to companies in the world, felt the "Do not be applicable to the company of" inside will flow business that begins to contact the above companies or Index Rights. Mechanism = business model that has a flow like this is effective in very unique.

In the manufacturing industry, such as parts manufacturers, there is a need to get to understand to detail in order to get leverage their technology. Therefore, it is not always the response is to come soon because you are at first glance the magazine and advertising videos. This IndexRIghts, because it has been posted on the contents of the image-blown product and the nature of the above companies, you'll want to contact, if likely to be applied for the production technology of their products. Furthermore, it is also a mechanism available to sample.

It is said that the manufacturing industry in Japan is proud to have come in transition from many years ago.
In which consulted many, I also there in my opinion of course, but companies that are too narrowly defined their business in many cases.

As written, "smartphone and Hitsumabushi is made of the same principle" even my book, a new and innovative idea does not come out when you stick to stereotypes and existing values​​. For example, it becomes the idea "of a company of which You've actually made ​​a part of the car, can not advance softening in the aircraft industry" and. Spread is not possible in this.

I think business development to other industry is not easy enough to say in the mouth, but should be flexible psychologically at least. Point also read the spirit of the up and coming idea of this magazine.

It can be said that point the way of one of the manufacturing industry to point to Japan, it's business model and is a great medium.

名古屋経営短期大学:マーケティング講義「ビジネスモデル」

昨日は名古屋経営短期大学の未来キャリア学科、経営情報論で、
マーケティングの講義をさせていただいた。
テーマはビジネス・モデルで、2年生の授業ということになる。

名古屋経営短期大学 講義.jpg講義内容                           

今回のように単発での大学での講義では以下のような内容をお話ししている

− 自己紹介
− マーケティングとは〜3つの戦略
− ビジネスモデル〜その定義と事例

という3部構成である。
自己紹介を入れるのは、「私の講義はここがポイント」になる、ということを理解してもらうため。
前ふり、落語でいうところのまくらにもあたる。

また、どのようなテーマでの講義や講座を依頼いただいても、必ず「マーケティングとは」という話しをさせていただく。
これは弊社の理念にもある通り、マーケティングを難しく感じるかもしれないが、
エッセンスを理解すれば収益好転のヒントになる、
ということをわかった上で本題を聞いてほしいためになる。

ビジネスモデルとは                       

昨日テーマとしたのはビジネスモデル。
私はどのような場合でもテーマを定義することから始める。
これは、表現よりも事象を定義することであいまいな思考から抜け出してもらうためである。

ビジネスモデルとは、
「顧客価値を見直すことで、収益を好転させる継続的な仕組みを構築すること」
昨日も、プラットフォーム、レーザーブレード、アンバンドリングなどフレームワークと、
それらを採用している大企業の事例、
そして日々の企画や仕事にどう生かすかをお話しさせていただいた。


名古屋経営短期大学.jpg
普段大学院の学生に講義をしているボクにとって、
大学2年生への講義はとても新鮮で多くの発見もあった。



マーケティング コンサルタント
理央 周


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:
マーケティング アイズ
 


「売れる仕組み研究所 電子版~ ポジショニング戦略
無料でのダウンロードはこちらから↓ 
 

電子マガジン ポジショニング

Future career Department of Management College of Nagoya, in the management information theory yesterday,
I had let the lecture of marketing.
The theme is the business model, I it comes to teaching second grade.

You are talking about something like the following in a lecture at the university of one-off like this time

- Self-introduction
- The strategy of one to 3 Marketing
- Case definition and its business model -

Is a three-part called.
To put the self-introduction, it becomes "The point here is my lecture" to,
In order to have them understand that.
Pretend ago, also hit the pillow as the term is storyteller.

In addition, even if you ask the course lectures and what the theme, be sure to "marketing and"
And am allowed to talk of.
As there is also the philosophy of our company, this might feel difficult to marketing,
And a hint of profit turn for the better if you understand the essence,
It is to want to hear the main issue on which it was found that there.

Was the theme of yesterday business model.
I begin by defining the theme in any case.
This is in order to get to escape from thinking ambiguous By defining events than representation.

The business model,
"By reviewing the customer value, to establish a system continued to turn around income"
Also yesterday, the framework and platform, a razor blade, such as unbundling,
Case of large companies that employ them,
And I am allowed to talk about how you make use of the work planning and day-to-day.

For me that is a lecture to students of graduate school everyday,
There was also the discovery of many very fresh and lectures to a sophomore.

ビジネスモデルの創り方

昨日は毎年行っている弊社法人化記念イベント、
3周年記念ビジネス・ライブ2014を開催した。
テーマはビジネスモデルの創り方

ビジネスライブ今年のビジネスライブ          


ライブは3部構成として、以下のようにお話しをした。
1.マーケティングとは
2.成果を出している人の事例発表
3.ビジネスモデルの創り方
セミナーではなく、ビジネスライブと言っているのは、エンタテイメント性も加味しているから。

それに事例を多く入れていくことで、参加者の方々の再現性も高くしている。


ビジネスモデルの創り方          


昨日の本題のビジネスモデルに関しては、
− ビジネスモデルの定義
− 代表的なフレームワークと大企業の事例
− 中小企業が使える事例
をお話しした。

ビジネスモデルは、
「顧客価値を見直すことで、収益を好転させる仕組みを創ること」
と定義している。

その中で、プラットフォームやレーザーブレートやバンドリングなどのフレームワークを紹介し、それらを活用している大企業の事例を紹介した。

ヤフオクやフェイスブックの使っているプラットフォーム戦略は、
ボク自身も提供していく予定。
中小企業が活用できるビジネスモデルのやり方を説明していった。

重要なのは言葉の定義ではなく、事象を明らかにすること。
あいまいな思考から抜け出さないと、この厳しい現代でビジネスで成果を出すことはできない。

明日やろうは馬鹿野郎。
Now & Never。

昨日の参加者の皆さまが結果を出してくれることをお聞きしたいと思っている。



マーケティング コンサルタント
理央 周


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:
マーケティング アイズ
 

「売れる仕組み研究所 電子版~ ポジショニング戦略
無料でのダウンロードはこちらから↓ 
 


電子マガジン ポジショニング


The incorporation of our commemorative event you are doing every year yesterday,
I held the third anniversary business live 2014.
The theme is how to make the business model

Business Live <b> <font style="border: thin solid blue;"> this year </ font> </ b> <br />

As a three-part, live was the story as follows.
1. Marketing and
2. Case Study Presentation of the person making the outcome
3. Making a business model
Rather than a seminar, We are speaking of business live, and because by taking into account also of entertainment.

And to it that it will put a lot of cases, you have higher reproducibility of the people of the participants.

Making a <b> <font style="border: thin solid blue;"> business model </ font> </ b> <br />

With respect to business models of the main topic of yesterday,
- The definition of the business model
- Case of large companies and framework typical
- Cases where small businesses can use
I have to talk to.

Business model,
"By reviewing the customer value, it is possible to create a mechanism to turn around a profit"
I is defined as.

Among them, were some examples of our large companies that introduces the framework, such as bundling and laser blanking rate and platform, are utilizing them.

Platform strategy that uses the Facebook and Yahoo! Auctions is,
I plan itself will provide.
I began to explain the way of business model that can take advantage of the small-and medium-sized enterprises.

Important that it is not the definition of the word, and to clarify the event.
If you do not get out from ambiguous thinking, it is not possible to produce results in business in this tough today.

Tomorrow bastard idiot.
Now & Never.

And I would like to ask that our participants yesterday spits out the results.

ビジネスモデルと仕事術の関係:成果を出せるビジネス書の読み方

7月2日に自社のイベントで扱うテーマだったし、参考書代わりにもあるかと思い、
「ビジネスモデル X 仕事術」を読んでみた。


ビジネスモデルと仕事術
ビジネスモデルと仕事の関係は?                          

この本の中身は、古今東西の「ビジネスモデルの紹介」と、
それらを「自分の仕事にどう生かすか」という、
ことが、カテゴリー別に書かれている。

ただ、たんたるビジネスモデルの紹介にとどまっておらず、
「アナロジー思考をビジネスモデル思考に変換するには何をどうすべきか」
など、具体的に自分の仕事に活かせるようになっている点が新しく、
かつ仕事に活かせる点だと思う。

各章は、王道、超速、共働等のけてごりーに分かれていて、
それぞれにビジネスモデルが複数紹介さて、
具体的にあげられているビジネスモデルの事例は数多いが、
- マッチングモデル
- ベータ版モデル
- オンデマンド化における変化
などと、この本独自の「わかりやすい」ネーミングがされているところも面白い。

ちなみにより多くのビジネスモデルのフレームワークを知りたい場合は、
「ビジネスモデルの教科書」がおススメ。
この本の書評はこちら 
⇒ 「ビジネスモデルの教科書」に学ぶ戦略立案と考える力の鍛え方


この本の使い方                                

ボクたちビジネス・パーソンにとって、
こういったフレームワークを知ることは非常に重要だし有益である。
しかし、さらに重要なことはインプットした知識を昇華することで自分のものとし、
仕事での成果につなげることである。

経営者や企画マンがビジネスモデルを自社のビジネスに応用することは、
ボクもセミナーなどで話しているし、大半の書籍がそれを論じているが、
この本では、紹介されている一つずつのコンセプトを自身の仕事に落とし込むときのコツまでが書かれている点が新しい。

読者の方としては、各ビジネスモデルを自分の仕事に活用する工夫さえすれば、
現段階よりも効率化できるはず。

その意味でもおススメの一冊。


マーケティング コンサルタント
理央 周




新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:
マーケティング アイズ
 



I thought it was the theme to handle in the event of their own to July 2, or whether there is also reference books instead,
I've read the "business model X work skills."

The contents of this book, and "Introduction to the business model" of all ages,
"How to make use of their work" and them,
That have been written by category.

However, it does not stay in the referral business model which is tan,
"What what to do to transform their business models thought the analogy thinking"
point, such as it is strict emulation to take advantage of their work specifically is new,
And I think the point to take advantage work.

Royal road, super-speed, each chapter is divided into Gory it aside co 働等,
Business model is now more than one introduction to each,
Case of business models that are listed specifically, but numerous,
- Matching model
- Beta model
- Changes in the on-demand of
Where etc., "descriptive" naming of this book unique is also interesting.

By the way, if you want to know the framework of the business model of many more,
"Textbook business model" is recommended.
Book review of this book here ⇒
For me our Business Person,
Knowing the framework of these is very important to be beneficial.
However, it is assumed own by sublimation knowledge that you input More importantly,
It is to lead to performance at work.

That the planning and man management is applied to their business the business model,
I have also spoken in seminars, and books most have discussed it,
In this book, point to hang when it dropped into the work of its own concept of one-by-one that has been introduced is written is new.

As readers, as long devised to make the work of your own favorite business model,
Should be able to more efficient than the current stage.

「ビジネスモデルの教科書」に学ぶ戦略立案と考える力の鍛え方

「ビジネスモデルの教科書」を読んでみた。
実例は100社以上、31パターンのビジネスモデルのフレームワークが載っている。

ビジネスモデルの教科書


ビジネスモデルの定義                                

この本にも書かれているが、そもそも「ビジネスモデル」というコンセプトは、
はっきり言って分かりにくい。
この言葉を使う人や文献によって解釈や定義がばらばらなのだ。

ボクの解釈は、
「同業他社から優位に立てるための、仕組み作り」
ということになる。

そのために、マーケティング活動のいろんな局面、
たとえば、価格や売る場所、もちろん製品そのものをもう一度見直す。

そしてそれを自社からお客様まで、一気通貫で考えること。
それがビジネスモデルになる。

この本の使い方                                     

ビジネスモデルの教科書とあり、さらに副題として、
「経営戦略を見る目と考える力を養う」とあるだけあって、
31パターンのビジネスモデルのフレームワークのそれぞれに、
実際の企業の事例が説明されているので、
自社のビジネスに当てはめて考えるには最適な本だと思う。

各項の中身には、
- 概要と例
- 価値創造過程
- 優位性を保てる理由
- 有効に機能する条件
- 落とし穴
- このビジネスモデルの応用
- ここから学べる戦略思考
があげられている。


したがって、かなりの業態、業界に当てはめられるため、
再現性が高い一冊だと言える。

マーケティング コンサルタント
理央 周


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:
マーケティング アイズ
 

理央 周 「ビジネスモデルについてのセミナー」はこちらをクリック ↓

- 5月31日: 起業家のためのビジネスモデル

- 7月2日: マーケティングアイズ ビジネスライブ「ビジネスモデルの創り方」


I've read the " textbook of the business model ."
More than 100 companies , illustration rests framework of the business model of 31 patterns .


definition of <b> <font style="border: thin solid blue;"> business model </ font> </ b> <br />

Are also written in this book, but the first place the concept of " business model" ,
Confusing to be honest .
Definition and interpretation 's disparate literature and by those who use these words .

My interpretation of ,
"Can make an advantage from other companies in the same industry , making mechanism "
I will be called .

To that end , the various aspects of marketing activities ,
For example , where the sell price Ya , I rethink the product itself of course .

And that customers from its own until , gulp think in communication transmural it .
It comes to business model .


<b> <font style="border: thin solid blue;"> how to use this book </ font> </ b> <br />
There is a textbook model of business , as further sub-title ,
As might be expected there to be " cultivate the ability to think with the eyes to see the management strategy " ,
To each of the framework of the business model of 31 patterns ,
Examples of real companies since been described ,
I think it's a best book To think by fitting their business .

The contents of each term ,
Example - an overview
- Value Creation process
- Why maintain their superiority
- Conditions that function effectively
- Pitfalls
- Application of this business model
- Strategic thinking to be able to learn from here
It is mentioned .

Therefore, it is fitting business category considerable , in industry ,
It can be said that it is one book is highly reproducible .

前の5件 1  2  3