Marketing i's [マーケティングアイズ]

マーケティングはサイエンス(科学)に基づいたアート(芸術)である

顧客ブランド養成講座
収益を好転させるマーケティングとイノベーション

カテゴリ:「クリエイティブ」の記事

前の5件 1  2

響く広告コピーを創るために必要なこと:大阪なんば サウナ&カプセルのアムザのコピーに学ぶ

大阪の地下鉄「なんば駅」のホームで見つけたこの看板、

売れる広告 大阪なんば AMZA
「笑って見送れ最終電車!」とある。


この広告コピーは正しいのか?          

この広告主はサウナとカプセルホテルのAMZAさんのようで、ほとんどの大阪の人は知っている有名なお店。

広告やマーケティングのセオリーから言うと、
「意味が分からない」
「社名、ブランド名が読みづらい」
などという意見も多く出るかもしれない。

でも、知名度は基本的にあるという前提で、このようなユーモアあふれるコピーなら、
「さすがアムザAMZAだな」
と笑って読まれて覚えてもらえる可能性も高まるし、(このボクのように)おもしろがってブログやツイッターなどで拡散されるかもしれない。


売れる広告コピーを創るために必要なこと  

コピーそのものだって、
「最終電車を逃したらアムザへ」
などというストレートなコピーだったら、そもそも見てももらえない。

よく見るとオレンジのバックに白抜きの文字で、シンプル。
看板のような屋外広告は、通常コンマ数秒しか前を通る人からは見られない。
だから、インパクトとわかりやすさが勝負なのだ。
ボクは、ブランドマネージャー時代、屋外広告の中に入れる要素=コンテンツは最大で3つまでと教わった。

そんな意味でも、実は秀逸な広告でもあるのだ。
固定観念にとらわれることなく、このようなユーモアでシンプルなコピーを開発できるのも、「自社の強みに響くターゲットは誰か?」を把握している証拠。大阪の中心地なんばのど真ん中にあるサウナに「飲み過ぎて帰れなくなって泊まる人」に響く素晴らしいコピーである。

マーケティング コンサルタント
理央 周


自社の広告戦略を見直したい経営者の方はこちら:
マーケティング アイズ ホームページ
 

「売れる仕組み研究所 電子版~ 収益好転のための顧客関係性マネジメント
無料でのダウンロードはこちらから↓ 
 
電子書籍11号表紙.jpg
This sign I found in the home of the subway in Osaka "Namba Station",
The "last train Miokure laugh!"

This advertiser are like AMZA's Capsule Hotel and sauna, people of Osaka most famous shops you know.

In terms of theory of advertising and marketing,
"I do not know what"
"Company name, brand name is hard to read"
Opinion that such might also leave many.

But, on the assumption that there is basically name recognition, if copy full of humor like this,
"You're truly Amuza AMZA"
May be invited remember to read with a smile and also increase, or it may be spread, such as blogs and Twitter (as of this I) and amused.

Even copy itself,
"To Amuza If you missed the last train"
If you were a straight copy of such, not get the first place you look.

Character of white, and simple to back of Orange If you look closely.
The outdoor advertising such as billboards, is not seen from people who pass by only a few seconds usually comma.
So, clarity and impact's a game.
Brand Manager age, I was taught and up to three elements = content to put in the outdoor advertising.

Even in such a sense, I actually is also a excellent advertising.
Without wishing to be bound by stereotypes, you can develop a copy simple humor like this also, evidence to know "which sounds to target their strengths are? Someone" a. It is a great sounding copy to "those who stay and no longer go back I drank too much" in the sauna in the middle of the center of Osaka Namba.

雑誌,新聞、チラシ、DM 印刷媒体の広告の創り方

雑誌・新聞広告、DMやチラシなどの紙媒体で横書きの場合、その広告を読む人は、左の上からアルファベットのZの文字をなぞるように目を動かし読み進める。したがって、一番左上のZの起点になるところを読んでもらえないと、そこから下は「絶対に」読んでもらえないと言ってもいい。

だから、広告 特にクリエイティブを開発する際に最も力を入れるのは、この部分に何を置くか、ということになる。
ここは読む人=Audienceの注意をキャッチするという意味でキャッチコピーというが、最大の努力を払ってでもこの部分には注力をすべき。
マーケティング コンサルティング風景
ここは、絞り込んだUSP、ターゲット層への呼びかけ、奇をてらった逆ばりなど、様々な手法があるが、最も考えるべきはこの広告は何を目的にしているのか,を表すこと。
新規顧客を獲得したいのか、自社の新製品のネーミングを告知したいのか、1メディア、1メッセージが基本になる。
複数のメッセージを入れてしまうとインパクトが半減してしまうので、あくまで禁欲的になるべきなのだ。

最初からカッコいい広告を創ろうと思っては行けない。
売れる広告にしていくためには、何を誰に伝えるのかを明確にしてからクリエイティブを開発すべきなのだ。

明日野郎はバカ野郎、Now&Never、これを読んだら実践してくださいね。



マーケティング コンサルタント
理央 周


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:
マーケティング アイズ
 
「売れる仕組み研究所 電子版~ ポジショニング戦略
無料でのダウンロードはこちらから↓ 
 


電子マガジン ポジショニング

In the case of horizontal writing a paper medium magazines and newspaper advertising, flyers and DM, people who read the ad,
Reading further to move the eyes to trace the character of Z in the alphabet from the top of the left.

Therefore, do not read me the place to become the starting point of the Z-top-left,
You can say "absolutely" and not get to read the lower from there.

So, put the most power when developing creative advertising in particular,
And thus the of what is placed in this part.
Here is referred to as the catch phrase in the sense that it catches the attention of people = Audience Read,
To be the focus in this part even the very first try.

Here, such as reverse Beams USP that narrowed down, call to the target layer, baroque,
There are various methods, but it represents what the advertisement, and whether you are the purpose is to consider the most.
Do you want to win new customers, do you want to announce the naming of new products of its own,
1 media, one message can have the basic.
Impact because halved it and they put more than one message, and he should become ascetic only.

It is not must you going to build a cool ad from the beginning.
In order to go to ad to sell, and I ought develop creative from the time you clear on what or who to tell.

Please, practice idiot ASAP, Now & Never

前の5件 1  2