Marketing i's [マーケティングアイズ]

マーケティングはサイエンス(科学)に基づいたアート(芸術)である

顧客ブランド養成講座
収益を好転させるマーケティングとイノベーション

カテゴリ:「起業」の記事

前の5件 1  2

ビジネススクールでの学生から教授への評価:大学院での学び方

毎年この時期になると、大学から届くStudent Evaluation。
学生が、各先生の講義への評価をする。

ボクの場合は、1年で4コマ教鞭をとったので、4枚これが来る、
ということになり、毎年ドキドキ、ワクワクしながら封を開ける。

ボクが米国インディアナ大学のビジネス・スクールにいた頃も同じだったのだが、
学生が先生を評価する、というのは当時のボクには驚きだった。
ボクは、四大まで日本の学校をでているので、そのような経験はなかったし、
それゆえに「先生が言っていることが絶対正しい」という感覚でいたからである。

ところが、米国では先生が言っていることがわからなければ、当然わかるまで聞くし、
反論に近いことを発言するときもある。
いわば「敬意を持ちながら対等」なのだ。

ボクも、同じ気持ちで学生たちに臨んでいる中での、この評価。
中身は、各講義に関して14項目,各5段階評価。
学生たちの平均値が表されている。
素晴らしいと感じるのは、その各スコアの横に学科の平均値も書かれているので、
自分の講義の「相対的な評価」もわかる。
これがよければよいほど、モチベーションにつながるし、
平均よりも低ければ、「どの点を改善すればいいのか」もわかる。

また、量的・数値的な評価に加えて、学生たちの「意見」も文章で書かれている。
いわゆる「質的」な反応である。

関学のBSの学生たちは頑張りやさんたちが多く、前向きな意見が大半。

  • こんなにInteractiveな講義は初めて
  • 児玉先生の企業時代の経験が身になる

とうれしい意見が多いのだが、中でも、

とても興味深いので先攻をマーケティングに変えました

とあるのがうれしい。

ボクの経営理念は
マーケティングの重要さと楽しさを、ビジネスに関わるすべての人に伝える
こと。

学生たちも、それを理解してくれて、リアルな世界にでた時に活かしてくれたら、
ボクにとって、これほどうれしいことはない。

このような素晴らしい機会をくださった、関西学院大学の皆さん、
熱心な学生の皆さんに、感謝したいと思います。


マーケティング コンサルタント
理央 周


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:→マーケティング アイズ

理央 周 最新刊 ⇩

売れる理由を学ぶメルマガ⇒ 「なぜか売れる」の公式バックヤード」 では、ヒット商品に共通する「仕掛け」はマーケティングにあり!という記事を毎週発刊していきます。詳細はこちらから:

メルマガ




外資系とMBAに学んだ「先を読む」会話術 [ 理央周 ]

価格:939円
(2015/4/5 10:00時点)
感想(0件)

関連記事はこちらです:↓

ムゲンブックス:紙の本を作るサービスを中小企業と個人事業主はメディアとしてどう活かすか

ムゲンブックス というサービスが開始された。

ムゲンブックス.JPGTech Crunchの記事によると、

「ブログを書くように執筆した原稿を、紙の本として出版できるウェブサービス「∞books(ムゲンブックス)」が始まった。売れた分だけオンデマンド印刷する仕組みで、出版にかかる費用は無料。著者の印税は10%。できあがった本はAmazonや全国の書店から買える。

専用の入力画面でタイトルと本文を入力するだけで、紙の本の出版に必要な目次やページ番号、文字組みなどを自動的に設定してくれる。完成した本にはISBNが付与され、出版社である「デザインエッグ」を通じて出版する

ムゲンブックスは、KDDIが手がけるベンチャー育成プログラム「KDDI∞Labo」の第7期プログラム採択案件。代表を務める佐田幸宏氏はかつて、4980円で紙の本が出版できる「MyISBN」を開発し、リリース1年半で250タイトルの本を出版している。

MyISBNは、PDFファイルをアップロードするだけで本を作れるのが特徴。しかし、一般ユーザーの中には、PDFを作成するのが技術的に難しい人も多かったと、佐田氏は振り返る。「文字を打つだけで出版できるムゲンブックスは、技術的なハードルをほぼゼロにした」
(*以上TechCrunchより引用 その記事は⇒ こちら

とのこと。

これまで出版というと、自費出版で出さない限りは商業出版として、出版社との合意が無いと出すことができない、どちらかと言えばハードルが高いものだった。

先日も記事に書いたように、出版するということ、出版したものを自社のマーケティングツールに使うということは、ブランドを構築していく上でも非常に有効なツールになる。

ムゲンブックスの新しいところは、それを電子書籍だけはなく、「紙」の本として発刊できる点にある。

紙の本にすれば、

  • ダウンロードが必要~そのためにネット回線と知識が必要
  • キンドルなどの電子書籍リーダーが必要
  • 電源が必要

というデジタル・電子書籍のハードルを超えることができる。

  

ある意味、会社案内なんかも書籍化することで、これまでよりも最新情報を提供する、という意味でも新しい使い方ができる。あえてムゲンブックスさんにむけては「私たちがこのサービスを活用するなら、本としてだけでなくコミュニケーションツールとして」も使うと思う。

その意味で、非常に注目に値するサービスだと言える。

マーケティング コンサルタント
理央 周


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:
マーケティング アイズ

理央 周 最新刊 ⇩

3月から開始のメルマガ⇒ 「なぜか売れる」の公式バックヤード」 では、ヒット商品に共通する「仕掛け」はマーケティングにあり!という記事を毎週発刊していきます。詳細はこちらから:

メルマガ




関連記事はこちらです:↓

No Second Life プロブロガ−立花岳志氏のブログ初級セミナー:起業家としてのブログの書き方

プロブロガーで「ノマドワーカーという生き方」の著者でもある、立花岳志氏の「ブログ入門セミナー」に参加させていただいた。

立花岳志氏 No Second Life セミナー 名古屋 ブログ初級編
No Second Life 立花岳志氏のセミナー  

一番の特徴は、手法から入らず、「なぜブログをやるべきなのか」「ブログを書くとなぜ自分の人生や仕事の目標を達成できるのか」というそもそも論から説明してくれる。

たとえば、
− コンセプトを明確に
− テーマは絞ろう
という点をしっかりと理解して始めることが重要だと説く。

具体的には、Googleの検索に引っかかる基準の1カテゴリーにつき、200記事だと「専門性が高いと認識されるという法則や、「日記は書かない」ようにする、すなわち書く上での軸を「人と日付」から「情報と個性」にシフトすべきという。

これも、起業家やその予備軍に向けてセミナー参加者の方々をしっかりとターゲットされているからである。したがって参加する方としても非常に理解しやすい内容になっている。


セミナーに参加してやろうと感じたこと  

まずは、このセミナーに参加しブログの基礎を再認識することができた。
したがって、ボクのこのブログをもう一度見直し、これから書いていく記事についても、修正改善していくことができると思う。

もう一つはやはり、セミナー講師としての姿勢を見直すこと。
立花氏の丁寧で基礎を大事にするセミナーの内容とその進め方には、やはり共感を覚えるし、参加者の方々の達成度や満足度にもつながっていく。

ボク自身、セミナー講師として5年活動をしているわけだが、この点を認識して再度基本を見直そうと思っている。

今回は初級編だが、中級編にも参加したいと思っている。

■このセミナーで学んだブログを書く上で重要なこと■
  1. コンセプトをはっきりすること
  2. 情報と個性を打ち出すこと
  3. 継続して書き、1カテゴリー200記事を目指すこと

立花岳志氏の代表的な著作はこちら:

     




マーケティング コンサルタント
理央 周


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:
マーケティング アイズ
 

■最新刊!■

関連記事はこちらです:↓

不格好経営 DeNA創業者 南場智子氏の経営者としての生きざまに学ぶ

前から読みたいと思ってて積ん読になっていた「不格好経営」を読んでみた。
DeNAの創業者である南場智子さんの本になる

不格好経営 南部智子スーパーな人は時間をどう使って成果を出しているのか          

南場智子さんの経歴を見ると、
ハーバードMBA、マッキンゼー・アンド・カンパニーのパートナーと、
キラキラした経歴が目につく。
その上で、DeNAを創業しビジネス書までヒットさせる、
何ともスーパーウーマンであるといった印象だある。

その反面、ボクが一番最初に南場智子さんがすごいな、と感じたのは、
社長だったころのDeNAのホームページの社長挨拶。
上場企業の社長挨拶はおかたい文章が多いのだが、
「ふと、そらをみあげてみると〜」といった感じのやわらかく、そしてあたたかい、
とてもハーバードからマッキンゼーでばりばり仕事をしていた方の言葉とは思えない、
何とも言えない人間味があったことを今でも覚えている。

この柔らかい方が、ハードワークで有名なマッキンゼーで、
またその後のDeNAの起業などで時間をどうやりくりしているのか、
価値観はどの辺にあるのかに興味がありこの本を読んでみたところ、
その答えの多くを見つけることができた。

経営で本来やるべきことはどんなことなのか?          

この本の多くは、DeNAの立ち上げ日記とでもいうべき、
起業前から初期、そして大きくなっていくまでに南場智子氏が何を考えながら、
何をしたか、というコトが描かれている。

確かにタイトルにあるように、「不格好」に見える。
どんなビジネスでもそうだけど、ビジネス・スクールで学ぶフレームワークや理論は、
現実社会でそのまま使えるとは限らない、
というよりも使えない。
ではどうすればよいのか、というと自分の知恵を使って学んだことを応用するのだ。
当たり前といえば、あたりまえの話しになる。

この本に書かれている体験談はまさに起業家として南場智子さんが、
重要な決断をどのようにしてきたかが赤裸々に描かれている。


ビジネス・パーソンがこの本から学べることはなにか?      

では、この本を読むボクたちはこの本に書かれていることから何を学ぶべきなのか?

まず一番重要なことは、ここに描かれていることをそのままやろうとしても無理だということを認識すべきである。

それよりも、起業家として実業家としてすべきことは最適な決断をすることであること、
決断する前に必要な情報をどう集めることができるのか、
そして何より重要なことは、稼ぐ儲けるよりも、
「人間関係」がいかに重要なものかを知ることにある。

これほど生々しく起業を成功させた経営者の告白を読む機会は少ない。
そのいい例が、ご主人ががんの宣告を受けた時に悩まれたと言う、
「南場カンパニーか公器か」
という決断にも現れている。

ビジネスにおいて、仕事も経営でも一番悩むのは「人間関係」での決断である。
最先端の業界でのベンチャー企業での経営をされているなかで、
不格好に経営をされてきた、
そんな南場智子さんの生き様は最高に格好いい。

共感できた上に自分の仕事にもつかえる、おススメの一冊だった。



マーケティング コンサルタント
理央 周


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:
マーケティング アイズ
 

I tried to read was supposed to read pile you are want to read from the front "clunky management."
Become a book of Tomoko Namba, the founder of DeNA

If you look at the history of Tomoko Namba,
Partners and Harvard MBA, McKinsey & Company,
Career was sparkling noticeable.
On top of that, business book until the hit was founded DeNA,
It is impressive and is a superwoman anything.

It was felt on the other hand, Tomoko Namba is, Na amazing to me the very first is,
Message from the President of the home page of DeNA of time was the president.
Sentences hard tail, but he often Message from the President of listed companies,
The warm and soft feeling of "suddenly, ~ to try and look up at the sky" and,
I do not think the words of the person who was working at McKinsey crunching from Harvard very,
I still remember that there was an indescribable human touch.

This is softer, with McKinsey famous for hard work,
Also What are you juggle time, such as entrepreneurship DeNA subsequent,
I tried reading this book is interested in out in which sides values​​,
It was possible to find a lot of the answer.

Much of this book, I should say, even with the start-up diary of DeNA,
What Tomoko Namba said while thinking by the time becomes larger and initial, from entrepreneurship before,
What does that thing, whether you are drawn.

As referred to in the title certainly, it appears in the "awkward".
It's Like any business, but the theoretical framework and to learn in the Business School,
It is not necessarily a just usable in the real world,
Can not be used rather than the.
In it's the application of what you have learned with the wisdom of their own to say what is, or should I do.
Speaking of natural, it becomes story for granted.

Experiences that are written in this book is Tomoko Namba as an entrepreneur just,
It is depicted in stark and or has been how important decision.

So, what you should learn from the fact that I who read this book is written in this book?

Most important first, it should be recognized that it is impossible to even try to do as that depicted herein.

Rather, it should be as a businessman entrepreneur that it is to the best decision,
Is it can be how to collect the information you need before you make a decision,
And it is important above all, rather than make money earn,
It is in the knowing "human relations" might look like how important.

Opportunity to read the confession of managers who have succeeded with vividly entrepreneurs this much less.
I say that is a good example, and was troubled when her husband received a sentence of cancer,
"What public institution or company Namba"
I have also reflected on that decision.

In business, the most troubled in management and work it is decision of the "human relations".
Among which is the management of venture enterprise in the industry state-of-the-art,
Has been the management ungainly,
Way of Life Tomoko such southern cool best.

It is also about their work on which was able to sympathize, it was a book recommended.

前の5件 1  2