Marketing i's [マーケティングアイズ]

マーケティングはサイエンス(科学)に基づいたアート(芸術)である

テキトー母さんのすすめを「組織のリーダー論」に置き換えてみた

「一人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ」を読んでみた。

ツイッターで友人がアップしていたのを発見し、「テキトー母さん」というネーミングに惹かれて買ったこの本。ボク自身、大学4年の息子と中3の娘がいて,彼らがまだちびだった頃のことを思い出しながら読んでいた。

各項目を読んでみると、ボクが親としてやってきたこと、やった方がよかったなと感じたことなどが多く書かれている。

そこでふと、これを社員研修に置き換えて読んでみてはどうだろうと思い読み返してみた。
そうなるとこの本は「リーダー論」になる。ボクにとっては、最近依頼いただくことが多い、営業員の視点を売り手目線から買い手目線に変える、という研修企画に応用できるのである。

テキトー母さんをリーダー職の課長や部長、子供をメンバーの部下として置き換えてみル,という意味である。使える内容はかなり多いし、なによりお母さんならではの「新しい視点」も数多くあった。

  • 分かりにくく言わない
    • これは当たり前だけれど、部下が理解しなければ行動できないので意味がない。したがって、リーダーは自分自身の肚に落とし理解してから伝える。
  • 子育てセミナーを鵜呑みにしない
    • 権威が言っていること、他社の情報を鵜呑みにせず自分なりに解釈する
  • うそつき母さんにならない~ネットや図鑑に頼ってOK
    • ひいては、部下に自分で調べ自分の意見が言えるようにする

といった具合である。
この他にも、

  • 短所を長所に置き換える
  • 北風と太陽の北風になろう
  • 先入観で判断するのはやめよう

といった項目を置き換えても、組織の中でリーダーがすべきことに対する大きな示唆があった。その意味でもおススメの1冊である。

マーケティング コンサルタント
理央 周


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:
マーケティング アイズ

理央 周 最新刊 ⇩

3月から開始のメルマガ⇒ 「なぜか売れる」の公式バックヤード」 では、ヒット商品に共通する「仕掛け」はマーケティングにあり!という記事を毎週発刊していきます。詳細はこちらから:

メルマガ

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ [ 立石美津子 ]

価格:1,404円
(2015/3/4 09:54時点)
感想(3件)

関連記事はこちらです:↓

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...