Marketing i's [マーケティングアイズ]

マーケティングはサイエンス(科学)に基づいたアート(芸術)である

世界遺産ポンペイの壁画展 名古屋市博物館



世界3に興味がある娘のリクエストで、家族で世界遺産ポンペイの壁画展に行ってみた。

場所は名古屋市博物館。
僕は名古屋に50年以上住んでいるが、名古屋市博物館に行くのはもしかすると初めてかもいや2回目かもといった具合の久しぶりさ。

博物館に着くと、こんな感じで博物館の前は非常に綺麗な庭園のようになっている。

駐車場も、私は今ではいたが1日300円とかなりリーズナブル。とてもいい気分になり、入館。

僕は、近代美術は比較的好きなんだけれども、この手の「世界遺産」や「博物館的」なものは、実はそんなに造詣も深くなく、とても久しぶりに、というかほぼ初めて来た。

とはいうものの、来て観てみると、2000年以上も前の、イタリアにあった壁画が、今の日本で、これほど鮮明に見ることができるということが、まず新鮮な感動だった。

さらに、壁画の描かれた背景にある歴史のこと、ヴェスピオカザンの噴火、ギリシャ神話とローマ神話、そして、なぜギリシャ神話が多く題材として描かれているかなどなど(ギリシャ神話に造詣が深いということが、教養があることの証明になるとの理由らしい)、多面的にこの壁画展を観ることで、歴史や人間学までも学ぶことができる。

まさに、見るのではなく、観るという感じだった。

今高校2年生の娘は、将来考古学を学びたい、特にエジプト文明やマヤ文明のことを学びたいと言っている。

10代でこれほどしっかりした、将来の希望があると言うことは、親としてなんとも頼もしい限りだ。その心意気にあてられて、ボクも今回の展覧会を見て感じるものがあった。

このポンペイの壁画展にきて面白かったのは、近隣のショップや販売店の広告が途中のブースにあったこと。

このマセラティのディーラーのパンフレットや、

近隣の飲食店等のマップなど。

また、写真を撮って、ソーシャルメディアでの拡散を狙う工夫もされていた。

ボク自身も、セミナーやイベントをプロデュースすることもあるので、企業などとのアライアンスを組む際の、参考になった。

 

マーケティング コンサルタント 理央 周(りおう めぐる)

最新刊 「なぜ、お客様はそっちを買いたくなるのか?」   

*このブログの定期購読はこちらから → follow us in feedly *記事のブックマークはこちらから→ このエントリーをはてなブックマークに追加

新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:→マーケティング アイズ

売れる理由を学ぶメルマガ⇒ では、ヒット商品に共通する「仕掛け」はマーケティングにあり!という記事を毎週発刊していきます。詳細はこちらから:

まぐまぐ

関連記事はこちらです:↓

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...