Marketing i's [マーケティングアイズ]

マーケティングはサイエンス(科学)に基づいたアート(芸術)である

マーケティングの基礎を事例から学ぶ「なぜか売れるの公式」文庫本出版 記念セミナー in 名古屋

ヒット商品に共通する3つの「仕掛け」!~「何を、誰に、どうやって」で売れる仕組みを創る

流行る店やヒット商品には「共通の仕掛け」があります。
MBAベースなのに、分かりやすいと好評をいただいた、
「なぜか売れるの公式」から、
自然に売れる仕組みの創り方を、
覚えておきたいマーケティングの枠組みと、
企業の成功と失敗事例を交えてお話しします。

このセミナーは、次のような中小企業経営者や個人事業主、企業の実務担当者が、ビジネスで成果を出してもらうための内容になっています。

  • マーケティングの基礎を学び「売上向上」につなげたい
  • 大企業の手法の「中小企業での当てはめ方」を知りたい
  • 企業の失敗例と成功例から「自社の売れる仕組み」のヒントを得たい

また、過去にマーケティングアイズの講座に参加された方からは、こんな感想をいただいています。

「マーケティングは難しいと思っていたけれど、分かりやすかったです」(愛知県 女性 サロン経営者)
「今までぼんやりしていたマーケティングというものを、
何を、誰に、どうやってで整理することで明確になりました。
さっそく、自社で実践します」(愛知県 男性 中小企業経営者)
「経営理論を実践することはできないと思っていましたが、
これまで自分がやってきたことが、一本の線につながりました」(愛知県 男性 企業勤務管理職)

セミナー風景理央周.jpgのサムネイル画像セミナー風景理央2.jpgのサムネイル画像

(↑ 過去の弊社セミナーの風景です)

今回は、文庫化ということで最新の事例と、アメリカでの成果発表も行います。
新しいコンテンツも用意しますので、ご期待ください。

お申込みはこちらから:

→ 「なぜか売れるの公式」文庫本出版 記念セミナー

詳しい内容は以下の通りです。

【内容】

  • なぜか売れるの公式 より
    • なぜか売れるの公式 3つのエッセンス
      • 何を:お客様が本当に欲しいものは何か?
      • 誰に:まだ見ぬ顧客はどこにいるのか?
      • どうやって:響く広告の創り方、読まれるメディアの選び方
  • 中小企業と個人事業主の成功と失敗の事例
    • 事例:カフェ経営、造り酒屋、インテリアデザイナー
    • アメリカ名古屋フェア~統合型マーケティングで行列ができるイベントになった理由

【日時】2017年9月20日(水) 17時30分開場 18時15分開演 20時15分終了
【会場】愛知県産業労働センター ウインク愛知(名古屋駅直結です)1204会議室
【参加費】¥3000円(税込) 

*三省堂名古屋本店(名古屋市中村区名駅1-1-3 タカシマヤ ゲートタワーモール8F)で、『日経ビジネス人文庫・「なぜか売れる」の公式』を購入のお客様先着30名に限り優待価格(2000円)で参加いただけます。ご購入の際にもらえる優待チケットをお持ちいただき当日受け付けでご提示ください。その場で1000円のキャッシュバックをさせていただきます。

【定員】60名
【主催】マーケティングアイズ株式会社
【協力】三省堂書店名古屋本店、日本経済新聞出版社

【講師紹介】
理央 周(りおう めぐる 本名:児玉洋典)理央周.JPG

マーケティングアイズ株式会社 代表取締役
関西学院大学 専門職大学院 経営戦略研究科 准教授

静岡大学人文学部経済学科卒。フィリップモリスなどを経て、インディアナ大学経営大学院にてMBA(経営学修士)を取得。アマゾンジャパン株式会社、マスターカードなどで、マーケティング・マネージャーを歴任。2010年に起業し、マーケティングアイズを設立。翌年法人化。収益を好転させる中堅企業向けコンサルティングと、従業員をお客様目線に変える社員研修、経営講座を提供。

著書に「なぜか売れるの公式」「8割捨てる!情報術」(日本経済新聞出版社)、「なぜお客様はそっちを買いたくなるのか?」(実務教育出版)等多数。「タケシのニッポンのミカタ」(テレビ東京)、ZIP FM、朝日新聞、日経MJ、中日新聞、プレジデント、日経ビジネスアソシエなど、テレビ、新聞、雑誌、ラジオの出演も多数。講演実績:日本経済新聞社、宣伝会議、日刊工業新聞社、ダイヤモンド社、各地商工会議所、ロータリークラブ、ライオンズクラブ、各地倫理法人会な

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...