Marketing i's [マーケティングアイズ]

マーケティングはサイエンス(科学)に基づいたアート(芸術)である

AI2045 シンギュラリティまでに人工知能がどう変わるのか

個人的にも、AIがこれからどのように変わっていくのか、特に2045年に、AI=人工知能が人知を超えると言われている特異点=シンギュラリティーを迎える。そこまでどういう風にビジネスとしてAIを捉えていけばいいのかということに、とても興味があるので読んでみた。

まずこの本を読んで驚いたのは、生成第一生から出てくる人工知能がヒット曲を振るといった点だ。私の好きなMaroon 5やNorah Jonesのヒット曲のきっかけ作りの一端をになった事に驚いた。

私のこれまでの家に対するミューズは、単調な作業を深掘りして精度を高めていく、またはディープランニングと呼ばれている1つのことを突き詰めていく事に対して非常に人工知能が役に立つ、できることと思い込んでいた。なので、このようなヒット確率を予測するといったクリエイティビティーに近いようなことが言い合いができるということを初めて知ったのだった。

それがにも、直木賞作家の朝井リョウ氏が、AIを使って本を買いたいと言っているのも驚きだ。

ここのところ、AIをどのように使っていくのか、またあるいは映画シンギュラリティを迎えた時に、人間がAIに使われないようにすると言ったことに関して、比較的ネガティブな方向でとらわれていることが多いと感じている。

例えば、AIが奪う職業単純作業の職業や、ビジネスにおいては作業するだけといった職業がなくなっていくと言うような指摘をいといって言う意味だ。

しかし、産業革命の時に、新しいビジネスがどんどんどんどん生まれてその分古いビジネスのに従事していた人たちの恋は確かになくなったが、その分新しい産業における声を触れた。

これと同じことが、AIの発展においても言えると思う。

ここで言いたいのは、悲観的なことばかりではなく、「うまく使う努力は今のところしてことが必要なんだってことをまず一点だ。


例えば、この本において第3章の見えざる変化のところに書かれている、日本のこれからの人口が減る。長時間労働の是正も待ったなしだ。仕事を奪われると言うより、AIができる事は家に任せてしまえば良いといった趣旨のことができる。

私は、家ができることと言い合いではできないことをはっきり分けて、まずAIができる事はとにかく早く取り入れて、自社の本にしていく努力を各企業が住めるべきだと思う。SNSがあっという間に夜中に浸透したように、飯も既に私たちの身ですまた生活の中に取り込んできている。これをうまく利用しない手は無い、直家できない事を探してそれを丁寧にやっていくことが、独自化のために必要である。

この本においては、とても面白い事例等がたくさん書かれているのが良い。多くの事例の中から私たちが美術実践に生かすと言うヒントが満載だ。その意味でもこの本はオススメである。

Posted from するぷろ for iOS.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...