Marketing i's [マーケティングアイズ]

マーケティングはサイエンス(科学)に基づいたアート(芸術)である

顧客ブランド養成講座
収益を好転させるマーケティングとイノベーション

カテゴリ:「メディア」の記事

前の5件 1  2  3  4

SNS活用はスタバが1位:中小企業がとるべきソーシャル活用戦略

日経MJの2月23日号に載っていた「第4回ソーシャル活用売り上げランキング」(日経BP)によると、スターバックスが1位になったとのこと。

以下はランキング。

  1. スターバックス
  2. 無印良品
  3. ユニクロ
  4. ミスタードーナツ
  5. オルビス

と続く。

スターバックスに関しては、昨年9位から今年は1位。
ツイッターとLINEを活用した効果が出ていて、
記事によると、昨年7月「ストロベリーディライトフラペチーノ」を発売した時に、
ツイッターで3万回以上のリツイートをされた。
また、こうなると予測の2、3倍売れるという事実もあるそうだ。

このランキングを見る限り、もちろん大企業がずらっと並んでいる。
中小企業の経営者は「大企業だからできるんだよね」
という方も多いと思う。

しかし、1位のスターバックスに関しては、私の覚えている限り、
TVCMを地上波では売っていないし、その他の大規模なマスメディアを活用するようなキャンペーンもやっていない。

中小企業も、スタバを見習い「仕組み」だけ真似すればいいのだ。
スタバのソーシャルメディアの活用での特徴は、
「有益な情報」を提供していること。
けして売り込みではない、ということである。

モノがあふれている今、生活者は99%のものは要らないのだ。
情報も同じことで、企業の売り込みだとわかった瞬間に見る気がなくなる。
まるで、郵便ポストに入っているピザ宅配や不動産のチラシを捨てるのと同じだ。
でもボクたちは友達からの手紙や、銀行からの残高証明は捨てない。
なぜか?
自分にとって、意味があるか、有益だから、である。

ソーシャルメディアは友達に手紙を送るような媒体である。
だからソーシャルとついている。

ソーシャル活用企業が増えている、ということはその点に気づいている企業が増えているということになる。

きめ細かい投稿などは、大企業よりも中小企業の方が向いているはず。
成果を出している企業をまずは参考にし、
自社だけの価値が出せるまで、継続すれば成果につなげることができるメディアなのだ。

SNS活用で売り上げ増、スタバ首位 日経BP調査

  

*参考図書

 
マーケティング コンサルタント
理央 周

新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:→マーケティング アイズ

理央 周 最新刊 ⇩

3月から開始のメルマガ⇒ 「なぜか売れる」の公式バックヤード」 では、ヒット商品に共通する「仕掛け」はマーケティングにあり!という記事を毎週発刊していきます。詳細はこちらから:

メルマガ




関連記事はこちらです:↓

ムゲンブックス:紙の本を作るサービスを中小企業と個人事業主はメディアとしてどう活かすか

ムゲンブックス というサービスが開始された。

ムゲンブックス.JPGTech Crunchの記事によると、

「ブログを書くように執筆した原稿を、紙の本として出版できるウェブサービス「∞books(ムゲンブックス)」が始まった。売れた分だけオンデマンド印刷する仕組みで、出版にかかる費用は無料。著者の印税は10%。できあがった本はAmazonや全国の書店から買える。

専用の入力画面でタイトルと本文を入力するだけで、紙の本の出版に必要な目次やページ番号、文字組みなどを自動的に設定してくれる。完成した本にはISBNが付与され、出版社である「デザインエッグ」を通じて出版する

ムゲンブックスは、KDDIが手がけるベンチャー育成プログラム「KDDI∞Labo」の第7期プログラム採択案件。代表を務める佐田幸宏氏はかつて、4980円で紙の本が出版できる「MyISBN」を開発し、リリース1年半で250タイトルの本を出版している。

MyISBNは、PDFファイルをアップロードするだけで本を作れるのが特徴。しかし、一般ユーザーの中には、PDFを作成するのが技術的に難しい人も多かったと、佐田氏は振り返る。「文字を打つだけで出版できるムゲンブックスは、技術的なハードルをほぼゼロにした」
(*以上TechCrunchより引用 その記事は⇒ こちら

とのこと。

これまで出版というと、自費出版で出さない限りは商業出版として、出版社との合意が無いと出すことができない、どちらかと言えばハードルが高いものだった。

先日も記事に書いたように、出版するということ、出版したものを自社のマーケティングツールに使うということは、ブランドを構築していく上でも非常に有効なツールになる。

ムゲンブックスの新しいところは、それを電子書籍だけはなく、「紙」の本として発刊できる点にある。

紙の本にすれば、

  • ダウンロードが必要~そのためにネット回線と知識が必要
  • キンドルなどの電子書籍リーダーが必要
  • 電源が必要

というデジタル・電子書籍のハードルを超えることができる。

  

ある意味、会社案内なんかも書籍化することで、これまでよりも最新情報を提供する、という意味でも新しい使い方ができる。あえてムゲンブックスさんにむけては「私たちがこのサービスを活用するなら、本としてだけでなくコミュニケーションツールとして」も使うと思う。

その意味で、非常に注目に値するサービスだと言える。

マーケティング コンサルタント
理央 周


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:
マーケティング アイズ

理央 周 最新刊 ⇩

3月から開始のメルマガ⇒ 「なぜか売れる」の公式バックヤード」 では、ヒット商品に共通する「仕掛け」はマーケティングにあり!という記事を毎週発刊していきます。詳細はこちらから:

メルマガ




関連記事はこちらです:↓

神の雫を大人買い:マンガに見るメディアミックスと読書法

マンガ「神の雫」を大人買いした。

神の雫コミックスけっこう前のマンガなのだが、
ボク自身料理が趣味ということと、最近赤ワインに凝っていること、
そして、料理に合う赤ワインにはどんなものがあるのだろう、と思っていたので買ってみた。

では、なぜマンガなのかというと、もちろんマンガ好きなので、ということもあるが、
「それほど真剣に」学ぶ、つもりもなく、楽しんで覚えるところから始めたかったのだ。

ちなみに、漫画は大好きで家に何冊あるのかわからないくらい持っている。
大半が、「作家が好きで買う」タイプ。
なので、手塚治虫、弘兼憲史、さいとうたかお、荒木飛呂彦、、、さんたちのマンガはすべて持っている

という買い方をする。

で、決まった読む時間帯は眠る前に1冊。
あまり難しいことを考えたくないときに、リラックスしながら心地よく眠りに入っていく。

本が大好きなんだけど、漫画も好き。
画と言葉を同時に楽しめるマンガは「メディア・ミックス」
これからもたくさん買い続けると思う。

*「神の雫」で紹介されているワインセットも売っているのも、ある種のメディア・ミックス↓

        

 

 

マーケティング コンサルタント
理央 周


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:
マーケティング アイズ
 

■最新刊!■

なぜか売れるの公式



外資系とMBAで学んだ先を読む 会話術
  

神の雫(1) [ オキモトシュウ ]

価格:575円
(2015/2/5 20:42時点)
感想(71件)


関連記事はこちらです:↓

インターネット活用で収益を上げるには:SNSやブログで何を発信しどう組み合わせるべきか

中小企業経営者、個人事業主にとって媒体費をかけることなく自社をアピールできるのが、インターネットのメディアだと言える。
しかし、ここで気をつけたいのが「ネットで何かをやればすべてがうまくいく」と思ったら大きな間違いである。

インターネットマーケティングメディアを組み合わせ最適化する統合型マーケティング  

複合的にメディアを活用して初めてそれぞれの効果が合体して相乗効果が生まれる。
他のメディアと同じで、組み合わせて使って初めて効果が出てくるのだ。


インターネット.jpgボクの場合は、どのように組み合わせているかというと、
ブログを中心にして、最終的にはたどり着いてほしいページ、
たとえば自社のコンサルティングまたは研修のページだったり、
自著のプロモーションの時は、アマゾンなどのサイトを見てもらうようにしている。

ソーシャルメディアの特長と発信すべき内容  

ではそれぞれのメディアで何を発信しているかというと、

  • ツイッターでは日々の気づきやマーケティング上の発見
  • フェイスブックは友人との会話なので8割が私生活、2割が仕事のこと
  • インスタグラムは写真でのコミュニケーションなので料理とペットが大半
  • フォースクエアは位置情報なので備忘録も含めていったところの大半でチェックイン

といった内容でアップしている。

なかでも、最も重点を置くべきなメディアがブログになる。
マーケティングの情報を発信しているボクにとって、ブログは豊富なコンテンツを発信できるメディア。
加えて、公開度も高く検索に引っかかりやすいし、なにより自社コンテンツをストックしておけるという意味でもネット上では主要メディアにしている。

いずれにせよ、自社が置かれている状況を的確に判断し、
その上で戦略的に何をすべきかを決定する、
そして戦術に落とし込みどのメディアに何を言うかを決める、
というステップになる。

その前段階として、SNSなどネットのメディアの特長を把握し、的確な表現で顧客や市場とコミュニケーションをとるべきなのである。


追記:
今回は名古屋で、プロブロガーで、またビジネス書のベストセラー作家でもある、立花岳志氏がブログの初歩と、成果を出している事例をお話ししてくれるので、
一度自社ブログを見直そうと思っている。 ⇒ 立花岳志氏のブログ講座in名古屋



マーケティング コンサルタント
理央 周


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:
マーケティング アイズ
 

最新刊はこちら⇒ 「なぜか売れるの公式

とこちら⇒ 「「外資系とMBAで学んだ先を読む会話術」


2015年ビジネス大予測:キックオフ関西 マーケティングセミナーin大阪

2015年、最初のオープンでの講座は大阪からになりました。

関西の異業種交流会、キックオフ関西さん主催で、
2015年のビジネス大予測セミナー」というテーマでお話しします。


理央 周 コンサルタント 研修講師ボク自身、2014年は様々なことにチャレンジしてきた1年でした。
新刊2冊を同時に発売したり、新しい形態でのコンサルティング方式を取り入れたり、企業研修を提供したりと、自社のことだけでもかなりの新しい企画を導入してきたことになります。

ビジネス・パーソンや企業も同じことで、
LINEやTSUのような新しいメディアが出てくることで多様化していたり、
自社の成長に伴ってすべきことも増えているのではないかと思います。

そのような環境において、2015年、何をすべきなのか、
売れる仕組みを構築していく上で、どのようなことを考えていくべきなのかをお話しします。


【日時】2015年1月13日(火曜日)18:45~21:00 (参加者の受付開始は18:00~)
【場所】SOHO LINK 長堀 6階 会議室 (大阪市中央区南船場1-11-9 長堀安田ビル6階)
【参加費】一般参加者:4,500円、キックオフ関西「R」メンバーズ:3,000円

セミナーの詳細とお申込みはこちらから:
⇒ 2015年ビジネス大予測セミナー

来年初の講座で、大阪の皆さんにお会いできることを楽しみにしています!


マーケティング コンサルタント
理央 周


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:
マーケティング アイズ
 

このセミナーの主題はこちらの本からです

⇒ 「なぜか売れるの公式

とこちら⇒ 「「外資系とMBAで学んだ先を読む会話術」


前の5件 1  2  3  4