Marketing i's [マーケティングアイズ]

マーケティングはサイエンス(科学)に基づいたアート(芸術)である

顧客ブランド養成講座
収益を好転させるマーケティングとイノベーション

カテゴリ:「メディア」の記事

前の5件 1  2  3  4

デジタルは人間を奪うのか:ソーシャルメデイア時代 統合型マーケティングIMCにおけるメディアの活用

「デジタルは人間を奪うのか」読了。
デジタルは人間を奪うのかこの本は、ITの進化に伴う「行き過ぎた」デジタル化に警鐘を鳴らしている。

もう私たちの生活にデジタルは無くてはならないものになっている。
スマホはもはや子供にまで浸透し、以前から言われているユビキタス社会になっている。
しかもその進化のスピードは速く、ほんの10年前には5,6しかなかったテレビのチャンネルも、今では普通に2ケタ以上。


そこにWeb2.0、SNSの台頭で、ますます利便性が増した、かのように見える。
今までは遠く離れた友人とは1年に一度、年賀状のやり取りだっただけだが、
フェイスブックやツイッターで、沖縄の友人が昨日何を食べたかまでわかる。

このように便利な光がさすと、その影もできる、ということも承知しておかなければならない、
というのが、ボクのこの本での気づきであり理解である。

インターネットに依存してしまう場合もあるし、この本に紹介されているように、1日にかなりの回数のPCのキーボードをたたくことによる自身の機械化など、徐々に弊害になって表れてくる。

現実と仮想の境界線が薄れてくることにも注意したい。

ネットがないころは、仕事における情報伝達の手段は、
「会う」か「電話」か「手紙」しかなかった。
スピードもって誠意を伝えることも、この順に伝わる。

ここ数年では、メールはもちろん、フェイスブックやLINEで重要なメッセージを送り、
「伝えたつもり」になることも多い。

マーケティング活動において、インターネットが出現してからは自社を伝えるメディアとしても同じことが言える。

念のために書くが、ボクはネットの利便性やハードの進化を否定するつもりは全くない。
しかし、デジタルを使いこなす上で、考えるべき点が多いということである。

デジタル肯定派、否定派の方々が書いている本はまだ多いが、この本の視点は現実論であり、再現性が高い。
その意味でも、多くの気づきをもらうことができた1冊だった。




マーケティング コンサルタント
理央 周


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:
マーケティング アイズ
 

最新刊はこちら⇒ 「なぜか売れるの公式

とこちら⇒ 「「外資系とMBAで学んだ先を読む会話術」


土井英司氏ビジネスブックマラソンでの紹介:ビジネスマンの視点の転換と気づきの重要性

土井英司氏のビジネス書を紹介するメルマガ「ビジネスブックマラソン 」のVol.3794で、
なぜか売れるの公式」を紹介していただきました。


なぜか売れるの公式 書店のおススメPOP売るための基礎知識と、ちょっとした気づきを与えてくれる一冊。」

とのことを、冒頭に書いていただいています。

また、本の内容に関して、
- トリプルメディア
- 高級品を体験してもらうという視点
- 製品・サービスを開発するときには差別化よりも独自化を目指すべき
の3点を挙げてくださいました。

やはりプロの視点は鋭く、最も言いたかった点をピックアップして書評に掲載いただいています。
この本は、最先端のマーケティングの理論を紹介したり、より深いマーケティングの勉強をしてもらいたい本ではありません。

私たちは、ビジネスにおいて、市場というただでさえも分かりにくく取扱いづらいものを扱っています。ほんの少しの気づきで収益を好転させることができるんだ、そのためにいつもと違う視点でものを見てください、ということを分かってもらうために書いた本です。

ずっと仕事をしていると、視点を転換することは実は難しいことだったりします。
その中で、本やセミナー、テレビや雑誌で自分とは違う人の意見に触れてみることで、新しい展開が見えてくるものです。

その点を指摘してくださっている土井英司氏の視点こそ、いまのビジネス・パーソンが持つべき視点なのではないかと思います。

私も、土井英司氏のBBMを毎日読んで自分とは違うプロの視点を本を見つけています。
ビジネスブックマラソンの購読はこちらから⇒ 毎日3分読書革命!土井英司のビジネスブックマラソン




マーケティング コンサルタント
理央 周


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:
マーケティング アイズ
 

最新刊はこちら⇒ 「なぜか売れるの公式

とこちら⇒ 「「外資系とMBAで学んだ先を読む会話術」

マーケティング・コミュニケーションにおけるデザインの重要性:視覚マーケティング戦略

「問題解決のためのあたらしい武器になる 視覚マーケティング戦略」読了。

問題解決のためのあたらしい武器になる 視覚マーケティング戦略なぜ視覚に訴えることが重要なのか?  

視覚を制する者は、ビジネスを制すると副題にあるとおり、視覚の重要性を知ることができる。
マーケティング・コミュニケーション、広い意味での広告宣伝と販売促進にあたるが、
その中身は「表現と媒体」に分けられる。

表現は、顧客または生活者へのメッセージのことで、これも文字である「コピー」と、画像や動画にあたる「イメージ」に分けることができる。このメッセージを、メディアに乗せてターゲット層に運ぶのが、マーケティング・コミュニケーションになる。

この本では、さらにわかりやすくLINEを例にとり、文字で「事実」を伝えることができ、スタンプで感情を伝えることができると説明している。

こういったマーケティング活動におけるコミュニケーションの中で、ネーミングなどの事例も出しているところがわかりやすい。たとえば、生ジュースをスムージーと言った瞬間に受け手の印象はまるで変ってくる。これが、視覚におけるマーケティング戦略なのである。


デザイン・クリエイティブをビジネスに活かす:この本の使い方  

この本が他のデザイン関連の本と違うことは、そもそも論として視覚、ビジュアルをマーケティング活動に取り入れていこうという趣旨で書かれている点。その点にボクも大きく共感するのだ。

たとえば、第2章には「自分たちの価値を見つめなおす」ところからスタートすべきとある点などはまさにその通りである。ボクの解釈は「最初からカッコいいデザインやクリエイティブを創ろうとするのではなく、自社独自の価値を明確にして、ターゲットに訴えるデザインにする」という、いわば「デザイン・ニュートラル」な姿勢で行きましょう、ということになる。

もう一点この本での学びは、ロジックからでは解決できない問題点は右脳思考にシフトすること、とある点。クリエイティブになるために、普段どんなことをすべきかという生活習慣が書かれているし、さらに「やってはいけない」ことまで巻末資料として書かれている。

読み方としては、1~8章が基本的に押さえておくべき考え方編、そして9章以降が実践するときのコツ、となっている。

手法だけでなく、デザインやクリエイティブのようにまず視覚に訴えることが重要なのかを説明し、その後「どうすればいいのか」を解説している。とても再現性が高い、という意味でマーケティング、企画、販促、流通などに携わるビジネス・パーソンにおススメの一冊である。


☆ 著者ウジトモコさんとのコラボセミナー詳細はこちらをクリック:

⇒ 「未来の創り方 渋谷ヒカリエ 12月2日


デザイン&マーケティングセミナー画像

マーケティング コンサルタント
理央 周


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:
マーケティング アイズ
 


最新刊はこちら⇒ 「なぜか売れるの公式

とこちら⇒ 「「外資系とMBAで学んだ先を読む会話術」


中小企業のメディア戦略:マスメディア テレビCMを活用する理由

認知度を上げるためのメディアの一つにテレビCMがある。

4大マスメディア、現在では伝統的なメディアとして分類される。
地上波を使うテレビCMは,広く到達する媒体であるがゆえにコストも比較的高い。
一方で、映像と音声を同時に届けられるという意味で、見ている側に与えられるインパクトも大きく効果は今でもあると言える。

つまり、効果はあるが高くて投資対効果に換算すると、体力がない中小企業には活用が難しい媒体であるといえる。

広告の媒体費が量と質に比例するため、電波を使い広く到達する(=リーチ)テレビはCMとして費用対効果が合わないくらい「高い」という意味である。

しかし、テレビの媒体を単体で考えずに,複合的なメディアとして考え、予測される費用対効果から逆算すればけして無理に高く手が届かない媒体ではない。

テレビCMは基本的に15秒がヒトこまになる。
制作したCMをテレビでオンエアしその場で売上に変えるということを考えてしまうので、費用対効果として難しくなる。

蓄積効果で、認知度と好感度をあげていくと同時にYoutubeなどにもそのクリエイティブを活用しSNSなどへ拡散させていく。さらにDMやニュースレター,名刺などでも「TVCM放映中」と書いていけば自社の信頼度も上がる。
弊社のクライアントである中堅企業の引越一番さんのテレビCMもそのような点を狙っている。


さらに、営業的な側面からいうと、信頼度が上がることで契約なども取りやすくなるし、営業員の自身にもつながるという側面がある。モチベーションがあがるのだ。
こちらは別バージョンで、企業の姿勢を表すバージョンである。


このように自社が活用する媒体とメッセージを統合的に使うことを「インテグレイテッド・マーケティング・コミュニケーション」という。

メディアは単体で活用しても効果が出ない。
このように複数を同時に使うことで相乗効果を狙うのだ。



マーケティング コンサルタント
理央 周


新規事業・ビジネスモデル開発を目指す経営者の方はこちら:
マーケティング アイズ
 
 

新刊はこちら⇒ 「なぜか売れるの公式

とこちら⇒ 「「外資系とMBAで学んだ先を読む会話術」



メディアの種類と活用法:広告の費用対効果を上げるには

マーケティング・コミュニケーションと聞くと、一見、こ難しそうに聞こえてしまうが、
読んで字のごとく、「市場=お客様とのコミュニケーション」になる。

マーケティング・コミュニケーション Marketing Communications とは?    

ターゲット層に、いかにして自社プロダクト=製品やサービスの良さを知ってもらうか、
さらに現顧客に、リピート購入してもらうか、という目的でのコミュニケーションになる。

その時に重要なのが、自分たちが作った広告をお客様に届けてくれる、「媒体=メディア」。
英語では「乗り物=Vehicle」と言ったりもする。

マーケティング=売れる仕組みを仕掛ける時には、この媒体を「活用」して、
効果的・効率的に顧客またはターゲット層にメッセージを届ける。

この効果的、というのは自社の目的に最も合っているメディアを選ぶ、
すなわち、投資・費用対効果を好転させるという意味になる。

メディアの種類と使い方:アシストと決めてのメディア    

メディアにはさまざまな種類がありまた特徴がある。
顧客が購入を決める「アシスト」になる媒体と、購入の直接の「決め手」になる媒体がある。

アシストに向いている媒体は、フェイスブックなどのソーシャルメディア。
生活者は、ソーシャルメディアで書かれていることは参考にはするが、直接買う、というわけではない。
影響を受けることに加えて、何度も見て覚えてもらう、いわば刷り込み効果のような役割もする。

また、人はそもそも売り込まれることを嫌う傾向にあるが、
ソーシャルメディアで売り込みをすると、見ている方は引いてしまう。
その意味もあり、アシストのメディアだと言える。

一方で同じネット媒体でも、検索結果に連動した、リスティング広告などは文字だけということもあり、
購買に直結するメディアだと言える。


刷り込みには向いていないが、興味を持って検索した人が、
そのリンクをクリックすれば購買には直結しやすいという意味になる。


したがって、認知はされているので購買接点のメディアが欲しい、
という場合がリスティング広告が向いているので、
ソーシャルメディアよりも力を入れる、といった具合で選別をしていく。

テレビCMなどはこの中間にあたると言える。

一概にこれらのすべてが正しいかどうかは議論の余地があるが、
メディアそれぞれに特徴があるということは事実である。


メディアを最適に活用したい場合は、
まず自社がどのようなメディアを使っているのかという棚卸をして、
整理し、見直すことから始めるべきである。



マーケティング コンサルタント
理央 周


新規事業・新製品開発を目指す経営者の方はこちら: →マーケティング アイズ ホームページ  

理央 周の新刊 アマゾンで予約受付中:10月16日発売予定  → 「"なぜか売れる"の公式

When we hear and marketing communications, at first glance, although would hear to Kogatashi likely,
As the name suggests, it is "communication with the market = customers."

<b>:; and <font style = "border thin solid blue"> Marketing Communication Marketing Communications is? </ font> </ b> <br />
The target layer, or get to know the goodness of their products and services = product by how,
Become communication for the purpose in the current customer, that, or ask them to repeat purchase further.


They deliver to customers the ads themselves made​​, important at that time, "media = media".
I will also say or "vehicle = Vehicle" in English.

When you mount a mechanism to sell marketing =, and "take advantage" of this medium,
I deliver the message to the target audience or customers effectively and efficiently.


Of that effect, this choose the media that best suits the purpose of the company,
That is, in the sense that turn around the investment and cost-effective.

<b>:; usage type and <font style = "border thin solid blue"> Media: media decided the assist </ font> </ b> <br />
Is characterized by various types also available on the media.
And medium comprising customers decide to buy to "assist",
There is a medium comprising the purchase of directly to the "decisive factor".


Medium that lends itself to assist, social media such as Facebook.
Dwellers, to the reference that it is written in social media, but it does not mean, buy direct.
In addition to being influenced,
To get remember watching many times, but also acts like a imprinting effect, so to speak.


, But also tend to dislike the fact that it is touted first place people,
When you sell the social media, those who have seen would pull.
There is also that sense, it can be said that it is the media of the assist.


Even in the same net media, there is also that it was linked to the search result, such as listing advertising that only characters in the other hand,
It can be said that it is the media that directly purchasing.


Not suitable for imprinting, but people who were searched with interest,
It make sense that it is easy to directly connected to the purchase if you click on the link.


Therefore, media buying contacts want recognition because it is,
If that is so that opposite the listing advertisement,
I go to the sorted and so on, to focus than social media.


I say and TV CM and hit the intermediate.


Although there is room for all of these discussions is whether correct unconditionally,
That is characterized in each of the media is true.


If you want to take advantage of the optimal media,
With an inventory company that either are using what media first,
It should start from that to organize and review.

前の5件 1  2  3  4